HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像『ラスト サムライ』

ラスト サムライ
 The Last Samurai 

評価:

DVD『ラスト サムライ』 多少時代背景がおかしいですが、とても日本の美しさを感じることができる映画です

製作年 2003年
製作国 アメリカ
監督 エドワード・ズウィック
出演 トム・クルーズティモシー・スポール渡辺謙
販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
スポンサーリンク

ストーリー

ネイサン・オールグレン(トム・クルーズ)大尉は、かつて南北戦争で国と名誉のために命を賭けた英雄であった。 しかし、今や戦争も終わり、移り変わる時代に取り残されていた。 そんな彼が政府に雇われ、明治維新直後の日本へとやって来た。 政府は軍事力の近代化を図ろうと西洋式の戦術を取り入れることを決断し、一方で前時代的な侍たちを根絶させようと企んでいた。 そして、軍に西洋式の戦術を教える彼に、政府に反旗を翻す侍のひとり、勝元(渡辺謙)の討伐命令が下る。 だが、侍たちとの戦いに敗れ囚われの身となったオールグレンは、勝元のもとで傷の手当てを受けるのだった。 勝元は、侍一族の長であり、深く尊敬されている男だ。 明治維新後の日本、押し寄せる近代化の波の中、勝元は侍の時代の終わりを察知していた。 その勝元に触れ、侍と共に生活するにつれ、やがて勝元の武士道精神に感銘を受けていく…。

レビュー

明治維新直後の激動の時代を背景に、「侍」に殉じた男たちと、彼らと深い絆で結ばれていくアメリカ軍人の姿を描いたアクション・ドラマ。 史実とは異なるフィクション映画ですので、時代考証などは考えずに観てほしいと思います。 一番の見所は、なんといっても明治の日本の壮観さです。 細密に再現された衣装や小道具など、明治維新の日本が非常に丁寧に描かれ、日本の美や誇りが美しく繊細に表現されています。 また、日本の侍像や武士道を正確にとらえ、それを見事に表現し映像化しています。 CGに頼らない殺陣などのアクション・シーンも見所です。 鉄砲を持った兵隊たちに、侍たちが刀だけで挑む合戦は大変迫力がありました。 そして、初めは敵対していた勝元とオールグレンが次第に固い絆で結ばれていく姿がとても印象的で、侍たちの揺るぎない信念にとても胸を打たれます。 観る者の心に確実に何か訴えるものを感じる作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『ラスト サムライ』オフィシャル・サイト
http://www.lastsamurai.jp/
壁紙○ スクリーンセーバーX

『ラスト サムライ』オフィシャル・サイト(英語)
http://lastsamurai.warnerbros.com/home.php
壁紙○ スクリーンセーバー○

『ラスト サムライ』画像 IMDb

『ラスト サムライ』google画像検索 画像 | 壁紙

『ラスト サムライ』Yahoo!画像検索 画像 | 壁紙

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『ラスト サムライ 特別版』 DVD 『ラスト サムライ 特別版』
トム・クルーズ
ワーナー・ホーム・ビデオ

オリジナル・サウンドトラック 『ラスト サムライ』 オリジナル・サウンドトラック 『ラスト サムライ』
サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン

オフィシャルガイドブック 『ラストサムライ』 オフィシャルガイドブック 『ラストサムライ』
ワーナーブラザーズ
学習研究社

ラストサムライ 『ポスター』 ラストサムライ 『ポスター』
トライエックス

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★★☆
ぜひ、映画『ラスト サムライ』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、出来ましたらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2006.11.11 * URLURL * PAGE TOP△
トラックバックありがとうございました^^
かなり遅れて見た「ラストサムライ」でしたが、
映像の美しさはさることながら、本当に日本の文化や日本人を理解してくれてる映画だと思いました。
単なる「戦う」映画ではなかったので感動しました。
人間の心の動き(葛藤など)が切実に伝わってくるストーリーだったので、私の中で永久保存版の映画です(笑)
- ふみっち -
2006.11.11 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
武士道に対しての想いがなく、時代劇等も見るほうではないので映画としては普通という感想でした。でも、私も時代考証などは考えずに観ていい映画なのでは・・・と思いました(そこにふれてレビューされる方が多かったので思いました)。
- rappiko -
2006.11.11 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
個人的に、「武士」とか「武士道」とか好きなので、この映画にはハマリました。 渡辺謙、カッコよかったです。
- marus -
2006.11.11 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
役者の演技力に支えられている映画だなぁーと、そこに感動しました。
でも思わず、新渡戸稲造の[武士道]を読みましたが。
- aira -
2006.11.11 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
TB&コメントをありがとうございます。
私のほうからTBがうまくいかないのでコメントだけにさせて頂きますね。
映像やセットなどはとても素晴らしいものがありましたが、内容は日本人からして見ると違和感を感じる所が数箇所ありました。でも渡辺謙さんの好演で星1つプラスして4にします。
- がっちゃん -
2006.11.11 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
こんにちはー。評価させてもらいます!
サムライネタの好きな私にとっては、とても楽しくせつなく
見れました。
小雪がハマリ役だったと思います。キレイ!
- みほ -
2006.11.11 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
トム様と渡辺謙の殺陣をありがたがって見てしまう自分に、マイナス1★です…。
- 奈緒子と次郎 -
2006.11.11 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
TBありがとうございました。

世間ではトム・クルーズやら渡辺謙やら主要キャストに注目が行きがちですが、時代劇ファンとしては斬られ役一筋のカリスマ福本清三先生がサイレントサムライ役でご登場されたのがすごく嬉しいですね。
清三先生の唯一の台詞には感涙してしまいましたよ~!
- にゃむばなな -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
Re:にゃむばなな さんへ
コメントありがとうございました。
福本清三先生という方は知りませんでしたが、殺陣がとてもカッコよかったです!
そういった細かいところも知っていると、より楽しめそうですね。
- かんすけ☆管理人 -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
TBありがとうございました。

渡辺 謙さんの圧倒的な存在感のある演技、見ごたえありでした^^  従来の時代劇って感じでなく、やはりさすがハリウッドってスケールでした。
- yakoyako -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
Re:yakoyakoさんへ
コメントありがとうございました。
ハリウッドが描いた日本ということで、どーせ変な日本が描かれているのだろうと思っていましたが、日本の美しさがとてもよく描かれていますよね!
日本人の俳優陣たちの演技も見ごたえたっぷりでしたね(^^
- かんすけ☆管理人 -
2006.11.13 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
公開時、かなりの評判となった壮大な歴史大作。 個人的に大好きなトム・クルーズが落...
2006.12.04 * 抜け殻::comWee.net * PAGE TOP△
(247)This is Busido!   〔これが武士道だ!〕ラストサムライ(The Last Samurai)ですが、トム・クルーズ主演で、渡辺謙・真田広之・小雪などお馴染みの日本の俳優がたくさん出ています。アメリカが作ったにしては、日本の時代劇としても、目に見えておかしい所は
2006.12.14 * 英語の本を原書で読みたい! * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。