HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス
 Star Wars: Episode I - The Phantom Menace 

評価:

DVD『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』 1977年に上映された『スター・ウォーズ』第1作より以前のエピソードです 『スター・ウォーズ』シリーズを観た事がない方でも十分楽しめますよ

製作年 1999年
製作国 アメリカ
監督 ジョージ・ルーカス
出演 リーアム・ニーソンユアン・マクレガーナタリー・ポートマン
販売元 FOX
スポンサーリンク

ストーリー

遠い昔、はるか彼方の銀河系。 惑星ナブーは強大な通商連合の武装艦隊によって武力封鎖され、平和だった銀河共和国に混乱が訪れていた。 共和国議会はこの非常時にも果てしない討議を繰り返すばかり。 元老院最高議長はこの膠着状態を外交的手段で解決すべく、ひそかに銀河の平和と正義の守護者であるジェダイの騎士クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)とオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)を通商連合側に派遣した。 だが、通商連合の背後には銀河征服を企む暗黒卿の策略が介在し、交渉の場から追われた二人はドロイド軍によって侵略される惑星ナブーに降り立った。 無事救出したアミダラ女王を連れ銀河共和国の首都コルサントへ移動中、宇宙船の故障により不時着した砂の惑星タトゥイーンで並々ならぬフォースを持つ少年アナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)と出会うのだった…。

レビュー

後にダース・ベイダーへと変貌する事になるアナキン・スカイウォーカーの少年時代を描いた『スター・ウォーズ』シリーズの第4作目。 旧3部作より約30年前にあたり、『スター・ウォーズ』の歴史の序章となるエピソードです。 この映画の一番の魅力はなんといっても映像の美しさです。 最新のCG技術をもって作られた町並みや世界観は、細部までとても細かく描かれていてとても美しいです。 そして、アナキンが出場するポッドレースのスピード感溢れるシーンやジェダイの騎士の戦い等にもCG技術がもちいられ、迫力ある映像を楽しめます。 また、BGMや効果音など細かな演出が素晴らしい音響も魅力的です。 まったく『スター・ウォーズ』を知らない人でも十分楽しめる作品ですのでぜひご覧ください。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』オフィシャル・サイト
http://www.starwarsjapan.com/episode-i/
壁紙○ スクリーンセーバーX

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』オフィシャル・サイト(英語)
http://www.starwars.com/
壁紙○ スクリーンセーバー○

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』オフィシャル・サイト(英語)
http://www.starwars.com/episode-i
壁紙X スクリーンセーバーX

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』画像 IMDb

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』google画像検索 画像 | 壁紙

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』Yahoo!画像検索 画像 | 壁紙

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』 DVD 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
ユアン・マクレガー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

DVD 『スター・ウォーズ 新コンプリート・セット』 DVD 『スター・ウォーズ 新コンプリート・セット』
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

DVD 『スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション』 DVD 『スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション』
マーク・ハミル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

オリジナル・サウンドトラック 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』 オリジナル・サウンドトラック
『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ロンドン交響楽団、ロンドン・ヴォイセズ 他
ソニーミュージックエンタテインメント

ブック 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス ムービーストーリー』 ブック 『スター・ウォーズ エピソード1
ファントム・メナス ムービーストーリー』

ジョージ ルーカス
偕成社

写真集 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』 写真集 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
ソニーマガジンズ

ゲーム 『STAR WARS エピソード1 ~ファントム・メナス~』 ゲーム 『STAR WARS エピソード1 ~ファントム・メナス~』
各ゲームソフト
エレクトロニック・アーツ

フィギア 『Star Wars - Mini-Bust : Darth Maul』 フィギア 『Star Wars - Mini-Bust : Darth Maul』
おもちゃ&ホビー一覧
ジェントルジャイアント

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★★☆
ぜひ、映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』に
対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、出来ましたらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
エピソード1を初めて見た時、旧3部作と比べ、
とても画質並びに音響が良くなったなあと思いました。
- gan@RBG -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
EP3前に復習ということで、久しぶりにDVDで観ましたが、やっぱり好きですね~。 アナキンのかわいさに口元がゆるみっぱなしでした^^
- rappiko -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
かんすけさんが書かれているようにエピソード4,5,6を見ていない人にも楽しめる、というのは良いところですよね。ただ、ちょっと新3部作も旧3部作も互いにつじつまを合わせるようなところがあって、そのへんが-1です。
- axis_009 -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
アナキン少年、かわいい!
クワイ=ガン・ジン、渋い!
そして、この頃のパドメが一番かっこいい気がします
- ころりん -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
TBありがとうございます!
私としては、旧作の冒険活劇テイストが大好きだったので、今作はそれと比べると心躍るものが少なかったのですが、それなりに楽しむ事が出来ましたね★ アナキン坊やの可愛らしさも堪能出来ましたし(笑)。
- けい -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
TBありがとうございます♪
6作そろってみると、ここがスタートだったんだなぁって感慨深くなりますね。
- 奈緒子と次郎 -
2006.11.12 * URLURL * PAGE TOP△
この映画で一番のシーンはオビワンとアナキンが出会って握手するシーンだ。アナキンとパドメの出会い以上に重要で、この作品でなくてはならない唯一の場面だと思う。

ところで、
旧三部作でもそうだったが、スターウォーズは血の描写がほとんどない。ダースモールが切断されようがクワイガンが刺されようが血は一滴も流れない。(例外はエピソード4のあるシーン。)血に限らず、痛々しいシーンは露骨に描かれない。エピソード2ではジャンゴ・フェットの首が飛ぶが、彼はあのときヘルメットをしている。スターウォーズを語る上でこれは重要なことだと思う。目をそらしたくなる所を子供でもみれるように監督は配慮しているのではないかと私は思う。見る人によってはリアリティの欠如を見出すかもしれない。が、しかし、首が飛び、血しぶきがあがる時代劇からなんらかの影響をうけたルーカスが血を排除したというのは注目すべきことだ。
- レモン -
2008.02.18 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
肝心な評価を忘れてました。
- レモン -
2008.02.18 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
エピソード4,5,6見てからみました。いやー、もう迫力が違いますね。このエピソード1が上映された頃、マニアの間では、旧三部作すなわちエピソード4,5,6に及ばないなどと言われてましたが、僕は初めて見たときから好きでした。特にナブーでのダースモールの登場は鳥肌ものでしたね。予告編見たときから、すげーと思ってました。とにかくかっこいい。ライトセーバー戦もエピソード6を超えましたね。パドメもレイアと比べるまでもなく綺麗!ジェダイもフォース使いまくるし、みんな最高っすね。

 ただ、ひとつだけ後悔してます。ものすごく後悔してます。みなさんは、この映画、旧三部作を見てから見るのと、見る前に、つまりスターウォーズって何?という状態で見るのどっちがいいですか?これ、絶対後者のほうがいいですよ。だってパルパティーンの正体わからないじゃないですか。旧三部作制覇してる人は、嫌でもこの人に注意がいきますよ。
 ここでちょっと余談。僕は最初パルパティーン=皇帝というのは、理解していたけど、パルパティーン=シディアスということにはしばらく気づきませんでした。(恥ずかしい)シディアスはエピソード3で倒される表向きの悪役でパルパティーンに注意がいかないために作られた人物だと思ってました。(ある意味当たってますが)余談終了。
 というわけで、何も知らない人の方がむしろこの映画は楽しめるのです。繰り返します。僕はこのことに非常に後悔しています。
 
 エピソード1のテーマは「共生」ですね。エピソード6でもそうでしたが、取るに足らないもの達が勝利への鍵となりました。ファントムメナス=見えざる脅威とはダース・シディアスではなく、グンガンだったのでは!!と思いたくなるほど。僕は共生とか共存を描く映画、好きですね。

 ところで本作での主人公は一体誰だったのでしょう?「物の怪姫」じゃなかった、「もののけ姫」は「主人公=メインとなる視点」はアシタカでした。つまり誰の視点で描かれ、誰を中心にストーリーが展開するかが、主人公を決める手がかりでしょう。もしもそう定義して考えるなら、エピソード1の主人公はクワイガンでしょう。
 しかし、ここで「もののけ姫」の主人公をもののけ姫とするなら、エピソード1ではアナキンが主人公となるのです。
「もののけ姫」では人間対自然の構図に、そのどちらにもなれなかったもののけ姫(サン)の悲劇が描かれ、エピソード1では、アナキンが………これはいまさら言うまい。
 
 ひとつ気になることが。エピソード1の方がエピソード4,5,6より前の時代なのに、逆に見えてしまう。つまりより新しく、未来の話のように見えてしまう。しかも無秩序だったエピソード4,5,6と違い、この新しいスターウォーズでは共和国があるではないか、…一応断わっておくが、これは僕の意見ではない。僕はスターウォーズを知らない人が見たときに感じるであろうことを代弁しただけである。

 僕なりに重要なことを述べておきたい。スターウォーズは循環する物語である。エピソード1の前はエピソード6があったのだ。エピソード6のラストは白紙なのだ。この白紙から人々は理想的な世界を、つまり民主主義の世界を目指し、見事に実現させる。そして完全であったはずの民主主義に見えざる脅威が迫りつつあるまさにその時、エピソード1は始まる。そして2、3とエピソードを重ねるごとに物語は下降し、エピソード3のラストで一つの悲劇を見るのだ。
そう、アナキンの悲劇もさることながら、ここでは、共和制が崩壊する。エピソード4,5,6では絶望と希望の間をさまよっている。
 つまりエピソード1は一番平和で、綺麗で、新しいのだ。この印象は間違ったものではなかった。エピソード6を見終わった後で、観客が想像したであろう世界の一つがエピソード1では示された。エピソード1とはそういう映画だったのである。
- ダーク・アサイン -
2008.02.25 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。