HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像『ブルース・オールマイティ』

ブルース・オールマイティ
 Bruce Almighty 

評価:

DVD『ブルース・オールマイティ』 主人公のブルースがそうであるように、仕事や恋愛などがうまくいかなくて悩んでいる方におすすめの映画です 笑って泣いて、観終わった後には悩みも吹き飛ぶような心温まる映画です

製作年 2003年
製作国 アメリカ
監督 トム・シャドヤック
出演 ジム・キャリーモーガン・フリーマンジェニファー・アニストン
販売元 ポニーキャニオン
スポンサーリンク

ストーリー

ニューヨーク州バッファローのローカル・テレビ局に勤め、アンカーマンを目指しているひょうきんなレポーター、ブルース・ノーラン(ジム・キャリー)。 ある日、彼に出世の布石となる生レポートの仕事が舞い込んでくる。 だが本番直前、ライバルが次期アンカーマンに決定したことを聞かされたブルースは、ショックのあまり滅茶苦茶なレポートをしたため局をクビに。 さらには恋人グレース(ジェニファー・アニストン)の慰めも聞かず、天に向かって文句を吐く始末。 そんなある時、彼のポケベルに謎の電話番号から呼び出しが掛かる。 指定の場所へ行ってみると、なんと待っていたのは神様本人(モーガン・フリーマン)。 神様は“不満があるなら君がやれ”と、ブルースに神の全能の力を授けるのだった…。

レビュー

神の全能の力を得た男が己の欲に走りながらも、やがて本当に大切なものに気づいていく姿を描いたハートフルなヒューマン・コメディ。 ユーモアたっぷりのブルースのトークや全能の力でいたずらをする場面など、彼が神の力を手に入れてからのハチャメチャぶりはとにかく笑わされます。 そして、笑いだけではなく、恋人グレースの願いでブルースが本当に大切なものに気づいていく姿には感動し、その純粋な想いに胸が熱くなりました。 笑いと感動がうまく混ざりあい、見終った後には心地よい余韻を感じさせてくれます。 ジム・キャリーは好みが分かれる俳優だと思いますが、ヒューマン・コメディに出ているジム・キャリーが好きな方には特にお勧めの映画です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『ブルース・オールマイティ』オフィシャル・サイト
http://www.uipjapan.com/brucealmighty/
壁紙○ スクリーンセーバー○

『ブルース・オールマイティ』オフィシャル・サイト(英語)
http://www.brucealmighty.com/
壁紙○ スクリーンセーバー○

『ブルース・オールマイティ』画像 IMDb

『ブルース・オールマイティ』google画像検索 画像 | 壁紙

『ブルース・オールマイティ』Yahoo!画像検索 画像 | 壁紙

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション』 DVD 『ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション』
ジム・キャリー
ポニーキャニオン

文庫 『ブルース・オールマイティ』 文庫 『ブルース・オールマイティ』
スティーブ コレン、スティーブ オーデカーク 他
竹書房

オリジナル・サウンドトラック 『ブルース・オールマイティ』
サントラ、ジョーン・オズボーン 他

途中集計報告(2006年12月02日)

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 18 (有効評価レビュー数 17)
合計評価… 69点 / 85点
平均点… 4.05点 / 5点

★★★★★: 2  
★★★★☆: 14  
★★★☆☆: 1  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

やっぱりこの映画で沢山笑えたという方が多いですね
ジム・キャリーが好きな方だったら、すごく楽しめる映画だと思います

評価して下さった皆さん、ありがとうございました。
もちろん、評価付きレビューはずっと募集しています。
ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★★★
ぜひ、映画『ブルース・オールマイティ』に対する感想やレビューをコメントして下さい。 その際、出来ましたらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
僕もジム・キャリーとモーガン・フリーマン大好きです。
さらにジェニファー・アニストンまで好き(笑)。
僕にとっては最高のキャストの作品ですね。
- paulownia@アメブロ -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
この作品は★4つはあげてイイと思いますよ。
後味の良い作品でした。
- 晴薫 -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
思いっきり笑わせてもらったのでその爽快感がいいですね。
- アクセル -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
映画の前半のブルースが面白いんだけどちょっといやなヤツだったぶん、後半の展開が印象的でした。いい映画だと思います。
- うるば -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
泣きと笑いが程よくミックスされ後味もキモチイイです
- せにょーる -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
この作品は偶然 CMを見てレンタルしてきちゃいました。
モーガン・フリーマンの神様はまさに適任でしたね。
ジム・キャリーの作品では「トゥルーマンショウ」の次にお気に入りになっちゃいました。
- soratuki -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
Good,グーッドな映画でした♪
人間ってこんな感じだろうなぁ~とジム・キャリーを見ていて思いました。でも、嫌なところだけじゃなくて、ちゃんと大切なものをみつけることができてよかった~です
- D -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
こういう映画を観ると、アメリカ人も自分達の日頃の生活に疑問を持っていることがわかってなんだか安心します。
この映画のジェニファー・アニストンはいいですねえ。
- みやりん1966 -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
DVDの特典映像も見ましたが、ジムの職人芸には、ただただ感服です。
- wheel2033 -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
ジェニファー・アニストンが見られるのが嬉しい映画。
ライバル役のキャスター、スティーブン・カレルがニコール・キッドマンの「奥様は魔女」に出ているらしいです。
- ボー・BJ・ジングルズ -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
見終わった後、心地よいですよね。
ジム・キャリーはなんでもスキです。
- april -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
久しぶりに声を上げて笑った映画です。
ジムの相手役ってキュートでカワイイ人が多いですね。
- 紅子 -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
ジム・キャリーの魅力がとても感じれるいい映画ですよね。
トゥルー・マン・ショーもジム映画でベスト3に入る、好きな映画です。
- さすらいカエデ -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
この映画に関するいろいろな方の感想が聞けるというのも面白いですね。
私はジム・キャリーのコメディ部分があまり好きではないのですが、内容・メッセージ性はとてもよかったと思いました。
- sola -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
モーガン・フリーマンの神様が見たくて借りたはずが。
ジム・キャリーの言動が楽しかったです。彼ならでわの演技でしたね。
- 紅月 -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
ジム・キャリーにかなり笑わしてもらいました。
ほんと彼は面白いですね。
でも、物語はけっこう感動もあったりして意外でした。
- いち -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
◆◇◆ 途中集計報告 ◆◇◆
これまで皆さんにレビューして頂いた映画『ブルース・オールマイティ』に対する評価の途中集計を致しました。
感想やレビューはずっと募集していますので、ご覧になった方はぜひコメントして下さい。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
TBありがとうございました。

テンポが良く、笑いあり、感動ありの傑作だと思います。
ジム・キャリーらしい作品ともいえますね。
落ち込んだ気分を励ましてもらいました。
- 魅羅 -
2006.12.02 * URLURL * PAGE TOP△
Re:魅羅さんへ
満点ありがとうございます!
メチャクチャ笑った後に感動でほろっと泣けて、ホント傑作ですよね。とても元気になれる映画だと思います。
満点はボクぐらいだったんで、ちょっと不安だったんで嬉しいです(^^
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.03 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
Trackbackどうもありがとうございました。
ジム・キャリー好きなものとしましては、やはり外せない作品ですよね。
大好きです。この感じの彼は。
最近J・デップにはまり中で (笑)ジムのことを すっかり忘れていましたがf^_^; また見てみたくなりました。
こちらへもTBさせて頂きましたので宜しくお願い致します。
- Labyrinth -
2006.12.04 * URLURL * PAGE TOP△
Re:Labyrinthさんへ
コメントありがとうございます。
ボクもジム・キャリー好きなんで、とてもお気に入りです♪
彼の映画って心が温まるような映画が多くて好きです(^^
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.04 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
TBありがとうございました。
ジム・キャリーは好きな俳優で、彼の作品は安定して楽しめるとおもっております。
- 鯖夫 -
2006.12.22 * URLURL * PAGE TOP△
Re:鯖夫さんへ
コメントありがとうございます。
ボクもジム・キャリー大好きです(^^
どの作品も楽しいのが多いですよね。
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.22 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
おもしろい。コメディーだからそれ以上は望まないし、望むべきでもない。
- レモン -
2008.02.18 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日は気分がど~んと落ち込んでいて、とってもじゃないけど家でお仕事の続きみたいな作業は出来やしないよ…的気分。まず帰りにアフタヌーン・ティで気分を塗り替えた。不思議なんだよな。お気に入りの席でふっと息をつくと、気分が入れ替わる。完全に払拭出来た訳...
2006.12.02 * 魅羅来る * PAGE TOP△
DVDですが「ブルース・オールマイティ」観ました。ジム・キャリージェニファー・アニストンモーガン・フリーマンジム・キャリーの映画はアメリカでは大人気だけど、日本では今ひとつ人気ないですよね。この手のギャグはあまり日本人受けしないです。ジェニファー・アニスト
2006.12.03 * ENTERTAINMENT * PAGE TOP△
 ジム・キャリーの “本領発揮” といった感じの作品でしたね~ (^_^)bストーリーは単純明快!? 1週間だけ神の力を授かったら?!というものですが・・・ブルース・ノーラン(ジム・キャリー)はテレビ局のレポーター。外回りの仕事を不満に感じ、いつかは「アンカー
2006.12.04 * 左党ごまちゃん映画狂日誌 * PAGE TOP△
ブルース・オールマイティなにをやってもうまくいかない主人公ブルース(ジム・キャリー)そんな時、神(モーガン・フリーマン)から神と同等の力を与えられる。まぁまぁ面白かった♪さすが コメディにはジム・キャリーって感じもするw神と同等のパワーってのが手にはい..
2006.12.05 * Grasshopper * PAGE TOP△
いわずと知れたジムキャリー主演の映画なんですが、ジムキャリーってどんど大げさになっていくんですよね、演技が。いや、いつも大げさか。 たぶん賛否両論あって気に食わない人もいるんだろうなぁ、とか思っていたわけなんですが、そんな感じがします。とにかく、主人公
2006.12.05 * まさひろの空振り日記 * PAGE TOP△
公開時に見に行かなかった理由が思い出せない。ジム・キャリーにジェニファー・アニストンにモーガン・フリーマンといった出演陣なら見に行っていておかしくないのに。結局のところは、いつものジム・キャリー映画。アメリカ産のハートフルコメディにジム・キャリーが足され
2006.12.22 * さばの味・技めぐり匠版 * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。