HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像『恋する神父』

恋する神父
 Love, So Divine 

評価:

DVD『恋する神父』 初めて恋心を抱いた純朴な神学生をクォン・サンウが好演しています そんな純朴な神学生を翻弄するハ・ジウォンのハチャメチャぶりもキュートで、2人のファンなら必見ですよ

製作年 2004年
製作国 韓国
監督 ホ・インム
出演 クォン・サンウハ・ジウォンキム・イングォン
販売元 ポニーキャニオン
スポンサーリンク

ストーリー

生涯独身で神に仕えると誓い、神父になる儀式を1ヵ月後に控えた真面目な神学生ギュシク(クォン・サンウ)。 ある日、ミサの最中に親友ソンダル(キム・イングォン)の巻き添えで大失敗をしてしまい、2人は罰として片田舎の教会で精神修行をするはめになってしまった。 翌朝、そこの聖堂を掃除していたギュシクは、酒に酔った奔放な娘ボンヒ(ハ・ジウォン)と出会う。 彼女は恋人と結婚するためアメリカから帰国してきたばかりだったが、ある日恋人にふられ荒れてしまう。 そんな彼女に洗礼を受けさせることを協会から卒業課題とされ、ギュシクは途方にくれるのだった。 神をも恐れない彼女の破天荒な言動に振り回されるギュシクだが、ボンヒが優しい心の持ち主だと分かるにつれ、次第に彼の中に恋心が芽生えていくのだが・・・。

レビュー

真面目な神学生がひょんなことから奔放でキュートな女性と出会い、神への忠誠心と愛する女性への想いに揺れ動き葛藤するさまを描いたラブ・コメディ。 生まれて初めて抱いた恋の感情に揺れ動くギュシクの心情が繊細に描かれています。 相手を思いやる温かさや相手を想う切なさがとても伝わってきて、その純粋な心に感動し心が温かくなりました。 ギュシクが恋心を抱いたヒロインのボンヒは、行動も言動もハチャメチャだけど、子供が大好きな一面もありどこか憎めない心の持ち主で可愛らしいです。 そして、女性とはまったく面識がないギュシクがボンヒに翻弄される姿はコミカルで微笑ましく、思わず笑ってしまいます。 途中ワンシーンだけなのですが、クォン・サンウやハ・ジウォンらが聖歌隊となって歌って踊るシーンは、観ているだけで楽しい気持ちにさせてくれて見所です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『恋する神父』オフィシャル・サイト
http://www.love-shinpu.com/
壁紙○ スクリーンセーバーX

『恋する神父』google画像検索 画像

『恋する神父』Yahoo!画像検索 画像

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『恋する神父 コンプリートBOX』 DVD 『恋する神父 コンプリートBOX』
クォン・サンウ
ポニーキャニオン

DVD 『恋する神父 コレクターズ・エディション』 DVD 『恋する神父 コレクターズ・エディション』
クォン・サンウ
ポニーキャニオン

オリジナル・サウンドトラック 『恋する神父』 オリジナル・サウンドトラック 『恋する神父』
サントラ
ポニーキャニオン

文庫 『恋する神父』 文庫 『恋する神父』
ユン ウンギョン、ホ インム 他
竹書房

途中集計報告(2005年07月26日)

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 18 (有効評価レビュー数 17)
合計評価… 54.5点 / 85点
平均点… 3.21点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 5  
★★★☆☆: 10  
★★☆☆☆: 2  
★☆☆☆☆: 0  

皆さんもやっぱり聖歌隊のシーンがお気に入りみたいですね
ストーリー自体は先が読めてしまっていまいちですが、気軽に楽しめる映画だと思います。

評価して下さった皆さん、ありがとうございました。
もちろん、評価付きレビューはずっと募集しています。
ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★☆☆
ぜひ、映画『恋する神父』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、出来ましたらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
サンウが可愛く、内容も面白かったです。
また映画館まで見に行きたいか、、、というと微妙ですけど、
胸キュンもののラブコメは万人に愛さて、軽い気持ちで見れますね^^
- sono -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
ハ・ジウォンがとってもキュートでした。
サンウはアクションやたくましい体のことばかり取上げられがちですがこういう素朴な青年が良く似合っています。
聖歌隊のシーンは『天使にラブソングを』のパクリですが面白かったのでいいんじゃないでしょうか(笑)
暗く重いテーマの韓国映画より私的にはこういうラブコメの韓国映画をお薦めします。
- キャサリン -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
韓国映画を映画館で見るのは初めてでした。
楽しく見れて良かったです。
- whale -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
とってもコミカルなサンウが見れる映画ですよね。
実はこの映画、韓国で見てきて、日本では見てないので
ちゃんと日本語字幕で見たらまた評価上げるかも(?)しれませ~ん。
- sachi -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
聖歌隊のシーンは大好きです(笑)アレだけのためにサントラ購入しそうです。
- にゃんこ -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
サンウファンというだけでホントは5つ星をあげたいところですが。。。
とにかくドラマで見るサンウと違うキャラを楽しんでもらいたいです。
特に歌って踊るサンウはサイコーです。
- つぶあん -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
クォン・サンウさんもハ・ジウォンさんも魅力的でした。
聖歌隊のシーンが一番のお気に入りです。
- tomo -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★☆☆☆
私は、正直ちょっとタイクツだったかな。
聖歌隊のシーンはもっと見たいと思わせるものだったけど・・・
- basia -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
神父さんの服装がよかったでっす。
実はサンウさんはぢめて見たんですよぉ
素敵ですっ
- アタシ -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★☆☆☆
私もちょっと辛口の★2つです。
嫌いじゃないけれど、もう一度劇場で見たいか?というと・・・
幼稚園の先生?ぶりがかわいかったですね。
- くまきん -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
韓国映画にしては優しい内容だったのと、やはりサンウ氏のあの純朴さぶりが良かったです。
- Bijou -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
総評価3.5といったところでしょうか。。個人的には★4つなのですが、ハリウッド映画だったら★3つくらいかなと思いまして。でもとても面白く観終わった後も爽やかだったので、一度は行って観て欲しいと思います♪
- CrystaLigy -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
周りのほとんどのお客さんが、クォン・サンウ目当ての中、
ハ・ジウォン目当てで観に行きましたっ(笑)
ストーリー自体は、わかりやすい話で、サンウFANの映画かなぁ~ってコトで・・・
★3つですっ。
- たまご刑事 -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
サンウ・ハ ジウォンがとってもキュートでした。2人のふぁんなので★4つです!
- momo -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
ハ・ジウォンのキュートさに免じて、3.5点でしょうか。
小道具がそこそこ活用されていたのも良かった点ですね。
- 丞相 -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
クォン=サンウ・ペンダント(ロケット)と「デオ・グラシアス」。
この2つにノックアウトされてます。
ハ=ジウォンが可愛いなぁ…。
先が読めるのはご愛嬌。
- Matie -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
40代半ばの男
カミさんが韓国ドラマにはまり韓国までも行ってきました。
自分は映画にはまってる。
聖歌隊のシーン、幸せな気持ちに。
神学校卒業のシーン「生涯独身で・・・」・・・このシーンなぜか涙がこぼれてしまった。(となりのカミサンには見られたくなかった。)
幼いときから自分もクリスチャンのせいか?
いや。そうではないと思う。
二つに一つの選択を迫られたら、あなたはどうする?
神父って因果な仕事?ですな。
坊さんは奥さんがもらえるのに。
韓国映画 男が入るの気が引けて・・・女性50人に男5人程度だった。
ちょっと「猟奇的な彼女」を思い出したのは私だけかな?
- YU -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
主役の二人が素敵だったので。
先が読めちゃう映画だけど、
いつのまにか引き込まれていました。
- fpippi -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
◆◇◆ 途中集計報告 ◆◇◆
これまで皆さんにレビューして頂いた映画『恋する神父』に対する評価の途中集計を致しました。
感想やレビューはずっと募集していますので、ご覧になった方はぜひコメントして下さい。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.07 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
TBありがとうございました。
可愛らしい映画でしたね♪
私も聖歌隊のシーン、好きです。
- ひらで~ -
2006.12.08 * URLURL * PAGE TOP△
Re:ひらで~ さんへ
コメントありがとうございました。
聖歌隊のシーンいいですよね。
ほのぼのとしてて、なかなか楽しめました。
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.08 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
TBアリガトウございます♪
ハ・ジウォンがめちゃめちゃキュート!!!
古臭い感じがあったのですが、のなぜか最後は心がキュンとしてしまいました。
- ヨチコ -
2006.12.19 * URLURL * PAGE TOP△
Re:ヨチコさんへ
こんばんは(^^
ハ・ジウォンがキュートでしたよねー。
古臭い感じは否めませんでしたが、なかなか楽しむことが出来ました。
- かんすけ☆管理人 -
2006.12.19 * URLURL * PAGE TOP△
こんばんは
遅くなってしまいましたが
TBありがとうございます。
清清しいラブロマンスに感動しました。
私は素敵な映画だと思います。

TB返しをさせて頂こうと思ったのですが
FC2にサイトにTBできない事が多いのです。
私が何か勘違いしているのかもしれないのですが。。。
再度チャレンジしてみます。
- おるは -
2007.05.17 * URLURL * PAGE TOP△
Re:おるは さんへ
コメントありがとうございます。
とても清々しいラブロマンスですよね。
ほのぼのとした感じが好きでした(^^
- かんすけ☆管理人 -
2007.05.19 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
WOWOW“恋する火曜日”で観ました♪
2006.12.08 * ☆お気楽♪電影生活☆ * PAGE TOP△
観ました。恋する神父普通によくある恋愛もの映画として面白かったと思います。「韓国映画」というだけで拒否反応する人もいるようですが……。実際に韓国で「キリスト教」というものがどう認識されてるのかはわかりませんが、その一端が見れたのは面白かったですね。神父の
2006.12.10 * 紙魚砂日記 * PAGE TOP△
んがぁ~!コレはいかがなものでげしょ~!まずもって、クォン・サンウの良いところが引き出されていないような気がする・・・。そして相手役のヒロイン、ハ・ジウォンなんだけど、彼女が扮する帰国子女ボンヒという女性のどこに惹かれる所があんの?あんなヘンな女、好きに
2006.12.11 * UkiUkiれいんぼーデイ * PAGE TOP△
恋する神父 スタンダード・エディション出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2006/02/01メディア: DVD神父になる事を夢みて神学生になったギュシク。あと1ヶ月で聖職授任式だというのにダメな同級生ソンダルとともにミサの助手を務めた際に、彼のミスの巻き添えを食
2006.12.14 * ぼちぼち * PAGE TOP△
神父を志すカトリックの神学生ギュシクが、ミサの最中に学友ソンダルのせいでミスを犯し罰を受けるため、山の上の教会へ。そこで米国帰りの奔放な女性ボンヒと出会うが、彼はボンヒに唇を奪われたうえ、彼女の言動に振り回されることとなる。私の大好きな...
2006.12.19 * 24時間の旅 * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。