HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像『ピーター・パン』

ピーター・パン
 Peter Pan 

評価:

DVD『ピーター・パン』 ピーター・パン役のジェレミー・サンプターが美少年でとてもはまり役 大人も一緒に家族で楽しめる作品ですよ

製作年 2003年
製作国 アメリカ
監督 P・J・ホーガン
出演 ジェレミー・サンプタージェイソン・アイザックスレイチェル・ハード=ウッド
販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スポンサーリンク

ストーリー

小説家を夢見る13歳の少女ウェンディー(レイチェル・ハード=ウッド)は、いつも2人の弟たちにおとぎ話を聞かせていた。 ある日、伯母のミリセントに「そろそろレディになる時期だ」と告げられたウェンディー。 明日からの教育を前にした、子供として過ごす最後の夜、彼女の前に不思議な少年ピーター・パン(ジェレミー・サンプター)と小さな妖精ティンカー・ベル(リュディヴィーヌ・サニエ)が現われる。 ピーターは、ウェンディーが語るお話を聞きに密かに何度も来ていたのだ。 彼は、乳母車から落ちて迷子になった“ロスト・ボーイズ”と一緒に“ネバーランド”に暮らしていると話す。 ピーターに誘われるまま、ウェンディーは2人の弟たちとともにネバーランドへ出発することに。 体に妖精の粉を振りかけ、楽しいことを考えると突然、体がふわりと宙に浮いた。 ウェンディーたちは、海賊と妖精が住み、永遠に子供でいられる島“ネバーランド”へ向けて一緒に飛び立つのだった…。

レビュー

ジェームズ・マシュー・バリの戯曲「ピーター・パン」をピーターとウェンディーの初恋物語に焦点をあてて実写にて映画化したロマンテック・ファンタジー。 ストーリーはとても原作に忠実に作られていると思います。 一番の見所は特殊効果やCGを駆使した絵画のような色彩の映像です。 ネバーランドまでの空の旅の背景に広がる宇宙空間や、可憐に舞う妖精たちの光の粉など、ロマンティックで美しい映像世界に魅了されます。 また、ピーター・パンを実際の少年が演じたのは本作が初めてという、ピーター・パンのイメージそのままに演じきるジェレミー・サンプターや、ウェンディーの父と恐ろしい海賊のフック船長の二役を演じるジェイソン・アイザックスなど、新人からベテランまでバラエティ豊かなキャスティングも魅力的です。 ピーターとウェンディーの甘く切ない初恋もリアルに描かれているので、子供のみならず大人も一緒に家族で幻想的な世界を楽しめる作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『ピーター・パン』オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/homevideo/peterpan/
壁紙X スクリーンセーバーX

『ピーター・パン』オフィシャル・サイト(ファンサイト)
http://www.ufc.jp/peterpan/
壁紙X スクリーンセーバーX

『ピーター・パン』オフィシャル・サイト(英語)
http://www.universalpictures.com/peterpan/
壁紙X スクリーンセーバーX

『ピーター・パン』オフィシャル・サイト(インターナショナルサイト 英語)
http://www.sonypictures.com/intl/peterpan/
壁紙X スクリーンセーバーX

『ピーター・パン』画像 IMDb

『ピーター・パン』google画像検索 画像 | 壁紙

『ピーター・パン』Yahoo!画像検索 画像 | 壁紙

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『ピーター・パン コレクターズ・エディション』 DVD 『ピーター・パン コレクターズ・エディション』
ジェレミー・サンプター
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オリジナル・サウンドトラック 『ピーター・パン』 オリジナル・サウンドトラック 『ピーター・パン』
ジェームズ・ニュートン・ハワード
ジェネオン エンタテインメント

文庫 『ピーター・パン』 文庫 『ピーター・パン』
James Matthew Barrie、J.M. バリ 他
岩波書店

ポスター 『ピーターパン』 ポスター 『ピーターパン』
トライエックス

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★★☆
ぜひ、映画『ピーター・パン』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、出来ましたらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.01.01 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
これまで観た三本の中で原作に一番忠実ですね。観ている最中に「となりのトトロ」と共通点の多いことに気づき、案外宮崎駿は「ピーター・パン」に影響を受けているのではないかと感じました。子供と大人の境界線は両者に共通する主題。
- オカピー -
2007.01.01 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
ディズニーのピーターパンとは話の内容が違っている所もありますが、この『ピーター・パン』はディズニーと似てる似てないという観点を省いて、一つのファンタジー映画としてとても面白いストーリーに仕上がっていると思います。もう一度観たい作品です。
- がりゅう -
2007.01.01 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
こんばんは。
またお邪魔いたします。
たまたま見たらピーター・パンの記事があったものですからTBさせていただきました。
本当にピーター・パン役のジェレミー君は、子供の頃に私が思い描いていたピーター・パンそのもので引き込まれてしまいました。
作品もおとぎ話っぽい極彩色のファンタジーでとっても面白かったです。
なんだか、また観たくなってしまいました。
それでは。
- 綾里 未優 -
2007.01.01 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
初めましてこんばんは。
この作品は本当に素晴らしいとしか言いようがないです!
原作やディズニーのものすらまともに見たことがないので比較することは出来ませんが、とにかく楽しめました。
映像の綺麗さというか、まさしくファンタジーといった背景その他に感動です。(画像から分かるように)
私は初め、ピーターパンは楽しいばかりの冒険モノだと思っていたんです。でも実際見てみると、2人の淡い恋心だとか最後には少し寂しさが残る作品になっていて、そこもこの作品の魅力だと思います。
個人的には主役のジェレミーがものすごく好きになり、表情や立ち居振る舞いなど正しくピーターパンだと思っています。
一度見たら必ずもう一度見たくなること請け負いです!!
- るぱ -
2007.01.01 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
こんにちは。TBありがとうございます。
私は子どもの頃から「ピーターパン」が大好きでしたが、この映画はとてもすばらしく、また原作にも忠実だと思います。子どもたちにはこういういい映画、夢のある映画を見てほしいですよね!
- sakitamys -
2007.01.03 * URLURL * PAGE TOP△
Re:sakitamysさんへ
コメントありがとうございます。
原作に忠実なところがいいですよね。
俳優もイメージ通りって感じでとてもよかったです(^^
- かんすけ☆管理人 -
2007.01.03 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
TBありがとうございました.
お返しのTBはやりかたがわからなくてできませんでした(涙)すいません.
とてもすてきな作りのブログですね.
また遊びにきますね.
- kajurin -
2007.01.04 * URLURL * PAGE TOP△
Re:kajurinさんへ
コメントありがとうございました。
また映画関係にTBさせて頂きますね。
よろしくお願いします。
- かんすけ☆管理人 -
2007.01.05 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
映像化された作品の中で、フックが初めて原作どおり「右手がフック」になっていて嬉しかった・・。
ただしフックの最期はディズニー同様、道化に貶められていて嫌だった・・。
「剣では負けたが、礼節では勝ったのだ」と叫んでワニに喰われて死んでいくフックは死に様までニヒルだったのに、映像化作品でそういうフックの粋な味を表現したものが今まで一本もないっす。

ラストでウェンディの子供を連れてネバーランドへ旅立つパンのシーンも映像で見たかったなぁ・・・
- smallpine -
2007.02.13 * URLURL * PAGE TOP△
Re:smallpineさんへ
コメントありがとうございます。
今までの映画化された作品よりはなかなか原作に忠実でしたよね。
とても楽しめました(^^
- かんすけ☆管理人 -
2007.02.13 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 公開当時に見逃した作品です。漸く見ることが出来て、良かったです。どうして見にいけなかったのかしら…勿体無かったなぁ。 思わず入り込んでしまいました。バリ(と言うとジョニーの姿が浮かんできます)が書いた原作は読んだ事がありません。「ネバーランド」で断片的
2007.01.01 * 首都クロム * PAGE TOP△
私的オススメ度:7P前から見ようと思ってたんですが、安く売っていたので思わず購入してみました。【STORY】夢見る少女ウェンディー・ダーリング(レイチェル・ウッド)が子供部屋で寝ていると窓からピーター・パン(ジェレミー・サンプター)が入って来た。ピーターが...
2007.01.01 * OL映画でいやし生活 * PAGE TOP△
「ピーター・パン」子どものたってのリクエストで借りました。実写版。ピーター役の
2007.01.03 * sakita blog * PAGE TOP△
童話だけど、本当はちょっぴり悲しい話なんですよね、ピーターパンって.大人になっていくウェンディとの埋められない距離が、とっても切ない.きっと童話だとその辺りはぼかして子ども達の冒険がメインに描かれることが多いから、この映画はそういった意味で子ども向けでは
2007.01.04 * Mock Turtle's Story * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。