HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像『ドラえもん のび太と鉄人兵団』

ドラえもん のび太と鉄人兵団
 Doraemon: Nobita and the Steel Troops 

評価:

DVD『ドラえもん のび太と鉄人兵団』 人間とロボットの切ない友情を描いた作品です ラストは誰もが涙する名シーンだと思います

製作年 1986年
製作国 日本
監督 芝山努
出演 大山のぶ代小原乃梨子野村道子
販売元 ポニーキャニオン
スポンサーリンク

ストーリー

ある日、スネ夫に親戚に作ってもらったというロボットを自慢されたのび太は、巨大ロボットが欲しいとドラえもんに頼むことに。 だが、そんなものはないと怒ったドラえもんは“どこでもドア”で北極へ行ってしまう。 そして、追いかけた北極で、のび太は巨大ロボットの部品を見つけるのだった。 しかし、ドラえもんは知らないと言う。 すると、空から新たなロボットの部品が次々と落ちてきた。 のび太たちは鏡の中の世界でロボットを組み立てることに。 完成した巨大ロボットに喜ぶのび太たちは、ザンダクロスという名前をつけ遊んでいたが、ロボットには恐ろしい兵器がついていた。 現実世界に戻ったのび太は、ロボットの持ち主だという謎の少女リルルに出会い、鏡面世界に入るための道具をかしてしまう。 だが彼女は、地球制服を企むロボットの国“メカトピア”から送り込まれたロボットだった…。

レビュー

ドラえもんの長編映画、第7弾。
鏡面世界に基地を作り、地球征服を企むメカトピアの鉄人兵団相手にのび太たちが奮闘するSF・アクション。 ドラえもん映画の中でも人気の高い作品です。 メカトピアは人間の過ちを嘆いた科学者が作ったロボットだけの楽園で、神に選ばれた存在として人間と同じ過ちを繰り返し人間狩りを行うロボットたち。 一番の見所は、その地球征服を企むロボットたちの誘導者であり、まったく感情を持たなかったリルルが、のび太やしずかの優しさに触れるにつれ次第に変化していく姿です。 人を思いやるという感情への戸惑いや、祖国を裏切れないという葛藤が自然に描かれています。 そして、地球を救うため、より良いメカトピアにするために、リルルが協力をするシーンはとても胸を打たれました。 しずかとリルルの友情の物語でもあり、ストーリーの後半はとても切ないですが、観終わった後は心が優しく温まる作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『ドラえもんチャンネル』オフィシャル・サイト
http://www.dora-world.com/
壁紙○ スクリーンセーバー○

『映画ドラえもん 25周年オフィシャルサイト』オフィシャル・サイト
http://www.dora-movie.com/
壁紙○ スクリーンセーバー○

『映画ドラえもん 25周年オフィシャルサイト』テレビ朝日の番組公式ページ
http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/
壁紙X スクリーンセーバーX

『ドラえもん のび太と鉄人兵団』google画像検索 画像

『ドラえもん のび太と鉄人兵団』Yahoo!画像検索 画像

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団』 DVD『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団』
藤子・F・不二雄、 他
ポニーキャニオン

映画ドラえもん25周年 ドラえもん映画主題歌篇 オリジナル・サウンドトラック
『映画ドラえもん25周年 ドラえもん映画主題歌篇』

武田鉄矢、映画主題歌 他
コロムビアミュージックエンタテインメント

コミックス『映画ドラえもん のび太と鉄人兵団』
藤子・F・不二雄
出版社:小学館

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★★☆
ぜひ、映画『ドラえもん のび太と鉄人兵団』に対する
感想やレビューをコメントして下さい。
その際、出来ましたらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2006.10.21 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
TBありがとうございました~
私も、この映画大好きですっ
特に、この映画の主題歌はドラえもん映画の中でもピカ一で好きです!
- 椿家 -
2006.10.21 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
TBありがとうございまいした。
こちらからも、TBさせてもらいました。
- 円相堂 -
2006.10.21 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
これは初期の最高傑作ですね。☆5つ捧げます
- 映画のせかいマスター -
2007.03.25 * URLURL * PAGE TOP△
Re:映画のせかいマスター さんへ
コメントありがとうございます。
初期の作品の中でもこれが好きと言う方が多いですよね。
しずかちゃんとリルルの友情は感動ものでした。
- かんすけ☆管理人 -
2007.03.26 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★★
初めまして、りゃりゃです。
この作品はとてもよかったです。
特にリルルの消滅シーンが1番感動です。
ぜひリメイクされて欲しい作品です。
失礼しました。
- りゃりゃ -
2007.09.06 * URLURL * PAGE TOP△
Re:りゃりゃサンへ
初めまして。コメントありがとうござました☆
この作品も名作ですよね~!
しずかちゃんが主役という感じで他の作品とはちょっと違いますよね。
ただ次回作の映画はリメイクはもう止めて、新作にして欲しいかな(^^;
- かんすけ☆管理人 -
2007.09.12 * URLURL * PAGE TOP△
この作品が、「薬」であるなら以下のように表示できるでしょう。

効能・効果
→ドライアイを1発で解消します(効果が現れるまでに90分少々かかります)
→心のもやもやを解消します

用法・用量
→1日1~2回を限度としてください

使用上の注意
→寝る前および、使用直後や翌日に大事な予定がある時は使用をお控えください。


副作用
→人によっては刺激が強すぎて、以下の症状が出る場合があります。
・不眠(1日2日程度)
・鼻づまり


 冗談はこのへんにしまして。
 先日、久しぶりに(以前観たのは10年以上前?)この映画を観ました。それなりに人生経験を積んだ上で改めて観ると、いろいろと考えさせられることがありました。人類のあるべき姿、周囲からの板挟みになっている者の苦悩など、挙げだせは切りがありません。余談ですが、私自身がこの作品とほぼ同時期に誕生していることに、何か運命的なものを感じます。
 一説によると、リメイクの話があるようですが、ヘタなことはしないでもらいたいというのが私見です。あのころの作品の良さは、決して誰にも真似できるものでないと思うからです。なんでもかんでもリメイクすればいいものでもありません。
- ドラドラ -
2009.09.22 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Q: ドラえもんの道具ではなにが欲しいですか?A: どこでもドアが一番欲しいです。A: マイナーな道具ではつらい事や悲しいことがあるとそれを数値に換算して現金がでてくる機械が欲しいです。予約すると電車でも映画館でもその席には誰も座らないっていう道具もあればなぁ
2006.11.11 * 好き好き大好き! * PAGE TOP△
1986年 日本 映画ドラえもん シリーズ第7作。初期の作品の中ではこの作品はちょっと出来が違う秀逸作。この頃からこのグレードで続いていれば、そりゃー興行収益30億になるわなーっていう感じです。ちなみにこの映画の配給収入は12.5億円。それでも大ヒットですが、最近の
2007.03.25 * 映画のせかい2 * PAGE TOP△
監督:芝山努脚本:藤子・F・不二雄演出助手:安藤敏彦、原恵一レイアウト:本多敏行作画監督:富永貞義美術設定:川本征平美術監督:高野正道色設計:野中幸子撮影監督:斎藤秋男特殊撮影:原真悟編集:井上和夫、渡瀬祐子録音監督:浦上靖夫効果:柏原満音楽:菊池俊輔監
2007.07.12 * ドラえもんをしらべてみた * PAGE TOP△
ドラえもんの映画を見に来る方が、楽しみにしているもののひとつに、毎年恒例となっている、来場者全員プレゼントのオリジナルグッズがあります。 この来場者プレゼントは、映画ドラえもん第10作目の「のび太の日本誕生」から始まりました。 そして、それからも、毎...
2008.05.01 * 映画の情報 * PAGE TOP△
藤子・F・不二雄先生の名作「ドラえもん」が、初めて舞台化されます。 演出は、劇団「第三舞台」の鴻上尚史さんで、全国各地で7月から上演される予定です。 しずかちゃんの役は、女優のすほうれいこさんが演じます。 舞台は、1990年に公開された映画ドラえもん「の...
2008.05.02 * 趣味のお役立ち情報 * PAGE TOP△
2004年に公開された映画「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」では、「ドラえもんアニバーサリー25」という作品を同時上映されました。 上映時間はたった5分という短い作品でしたが、とても好評だったので紹介します。 この作品は、ドラえもん映画25周年を記念し...
2008.05.03 * 映画の情報 * PAGE TOP△
ドラえもんには、ロボット養成学校からの親友がいます。 それは「ザ・ドラえもんズ」という7人グループで、ドラえもんと同じネコ型ロボットです。 彼らは、世界各国で活躍しています。 「ドラえもんズ」や「ドラドラ7(セブン)」、「ドラズ」と呼ばれることがあります...
2008.05.06 * 映画の情報 * PAGE TOP△
日本マクドナルド株式会社では、2月22日~3月13日まで、ハッピーセットのおまけに「ドラえもん」のおもちゃが付いてきました。 「ハッピーセット」とは、ハンバーガーなどにサイドメニューとしてポテトやドリンク、そして楽しいオリジナルおもちゃが付く、子供さんに大人...
2008.05.07 * 映画の情報 * PAGE TOP△
藤子・F・不二雄先生は、「ドラえもん」がヒットした理由は、のび太が何をしてもダメなところではないか、と考えていたようです。 ほとんどの人の中には、いくらか「野比のび太」が隠れていると思います。 「ドラえもん」を読むときに、そういう自分の「のび太」の...
2008.05.25 * 映画の情報 * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。