HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像 『ロード・オブ・ウォー』

ロード・オブ・ウォー
 Lord of War 

評価:

DVD 『ロード・オブ・ウォー』 裏稼業のスリリングな駆け引きが描かれた作品です 普段は知る事の出来ない現代社会の裏縮図を垣間見ることができます

製作年 2005年
製作国 アメリカ
監督 アンドリュー・ニコル
出演 ニコラス・ケイジイーサン・ホークブリジット・モイナハン
販売元 日活
スポンサーリンク

ストーリー

ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれたユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、少年時代に家族とニューヨークへ渡り、明日が見えない家業に嫌気がさしながらも親の仕事を手伝っていた。 ある日、ロシア人ギャング同士の銃撃を目撃したユーリーは衝撃を受け、レストランが食事を提供するように、戦場に武器を供給する仕事をしようと決心する。 すぐにユーリーは、弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)を説得し、武器売買の事業を二人で始めることに。 ユーリーは、制裁を受けて苦しむ政権に武器を売りさばきながら、闇取引の銃兵器密輸入に天性の才覚を発揮していく。 だがある日、ヴィタリーがコカインに溺れてしまい、ユーリーは一人で商売をすることになってしまう。 そして背後には、インターポール(国際刑事警察機構)の刑事ジャック・バレンタイン(イーサン・ホーク)の捜査が迫っていた…。

レビュー

国際的武器売買の世界に生きる、世界的武器ディーラーの半生を描いたセンセーショナル・アクション・エンタテイメント。 世界中の紛争地域が抱える現状を、裏社会に生きる人物の視点で描かれた作品です。 主人公の“ユーリー・オルロフ”のキャラクターは、実在する5人の武器ディーラーから抽出したキャラクターを融合して構築されているということで、架空の人物ながらリアリズムに満ちています。 また、作品の中で描かれているほとんどの出来事自体には実例があるというのも特徴です。 救助ヘリとして売られる軍用ヘリ、大洋で積荷を運ぶ船の名前や登録を変える武器ディーラー、拘留されていたアメリカから不可解な事情で釈放される武器ディーラーなど、真実まじりのエピソードが数多く登場します。 武器大国アメリカへの批判なども盛り込まれ、普段は知る事の出来ない現代社会の裏縮図を垣間見る事のできる作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『ロード・オブ・ウォー』オフィシャル・サイト
http://www.lord-of-war.jp/index2.html
壁紙○ スクリーンセーバー○

『ロード・オブ・ウォー』オフィシャル・サイト(英語)
http://www.lordofwarthemovie.com/
壁紙○ スクリーンセーバー○

『ロード・オブ・ウォー』画像 IMDb

『ロード・オブ・ウォー』google画像検索 画像 | 壁紙

『ロード・オブ・ウォー』Yahoo!画像検索 画像 | 壁紙

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『ロード・オブ・ウォー』 DVD 『ロード・オブ・ウォー』
ニコラス・ケイジ
日活

文庫 『ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男』 文庫 『ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男』
アンドリュー ニコル
竹書房

オリジナル・サウンドトラック 『ロード・オブ・ウォー』
インディペンデントレーベル

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★☆☆
ぜひ、映画『ロード・オブ・ウォー』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、出来ましたらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
オープニングが秀逸でした。
- もじゃ -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
私的にはかなり評価できる作品でした。
- ノラネコ -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
重い題材を軽く描いた、優れた映画だったと思います。
- Ken -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
最初の部分から映画に引き込まれました。よかったです!
- rubicone -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
主人公が、あくまで有能ビジネスマンというのが面白かったです。
- 武田 -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
重いテーマと淡々と描いた衝撃の作品でした。
ニュースでウクライナやイラクの現状を見るたびに、映画で観たシーンが蘇って来るようになりました。
- ナマケモノ -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
ニコジーあんまし好きじゃないんですが、これは面白かった。
ブラックブラック、眠気スッキリでした。
- April -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
期待以上の秀作だったと思います。何が起こっても想定内風のユーリがちょっと怖かったです。後、敢えて言えばイーサン・ホークがインターポールの捜査官の役ってのは意外でした。
- Sis.C -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
このブログ:シアフルさんからTB頂きました、ありがとうございます。この映画はUSAの黒い側面が描かれてるので「華氏911」と同じくハリウッドに拒否されカナダの協力により作られました。「華氏911」より絶対面白い!私は2005年に、武器規制を国連に働きかけてるコントロールアームズ主催の試写会で見ました、安めぐみさんが出席してました。よろしかったら私のブログも見てください。
- 山女魚 -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
Re:山女魚さんへ
コメントありがとうございます。
裏社会の縮図みたいなものを垣間見れて、様々なことを考えさせられるいい作品ですね。

山女魚さんのブログにもまたお邪魔させていただきます(^^
- かんすけ☆管理人 -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
TBいただいてありがとうございました。
本当にショックを受けた時、傍目には判らない。
社会の縮図と観ても見応えのある映画でしたが、
ある家族の風景と観ても感慨がありました。
実在の5人から抽出した…
ノンフィクションに近いフィクションという事ですね♪
- ぱち(。・ ・。)ノ -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
Re:ぱち(。・ ・。)ノ さんへ
コメントありがとうございます。
ノンフィクションに近いフィクションという事でホント色々と考えさせられますね。
衝撃的な作品でした。
- かんすけ☆管理人 -
2007.01.16 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
TBiを頂きまして、ありがとうございます。
実在する人を融合して作られたキャラクターだったんですね。リアルなキャラクターだったので実際の人物かと思ってました。
こういう考えさせられる映画は、大勢の人に見てもらえればと思います。
- 8mile_h -
2007.02.18 * URLURL * PAGE TOP△
Re:8mile_hさんへ
コメントありがとうございました。
さすがに実在する人物を融合して作られただけあってリアルさがありますよね。
それにしてもホント考えられる映画ですよね。
ボクも日本に生まれて良かったと思いました。
- かんすけ☆管理人 -
2007.02.19 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(原題:LORD OF WAR)【2005年・アメリカ】DVDで鑑賞(★★★☆☆)史上最強の武器商人と呼ばれた一人の男の実像を、シニカルなタッチで描いたエンタテインメント作品。ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれたユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)。ユーリーら家
2007.01.16 * ともやの映画大好きっ! * PAGE TOP△
 今日テレビを見ていたら、武器商人の話が出てこの映画が紹介されていました。ブログ
2007.01.16 * 山女魚の「ヘタレ」株式投資 * PAGE TOP△
2005年[米・仏]売買交渉中に、相手が突然銃の試し撃ちをし、運悪く亡くなってしまった遺体を前に(?)「なんてコトするんですか!これでこの銃は中古品だ!」と叫ぶ主人公の図・・・(^-^;そゆ風な予告編だけ観ていたので、よもやそんな映画だとは思わなか...
2007.01.16 * memo帖 * PAGE TOP△
ロード・オブ・ウォー こりゃブラックですね。 1つのブラックなジョークを2時間の映画にしたみたいなかんじ。 ラストの10分ぐらいがやりたくて作ったんじゃないすかねえ。 前振りの2時間が間延びしてつまらんかといえば、いやあ面白いね。 まあ、これ見ても武器商
2007.01.21 * カフェビショップ * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。