HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像 『デビルマン』

デビルマン
 Devilman 

評価:

DVD 『デビルマン』 デーモンに体を侵食された高校生が“デビルマン”となり、人類を守るためにデーモン族に立ち向かう姿を描いたファンタジー・アドベンチャー 原作の魅力や面白みはまったくありません

製作年 2004年
製作国 日本
監督 那須博之
出演 伊崎央登伊崎右典酒井彩名
販売元 東映ビデオ
スポンサーリンク

ストーリー

4年前に両親を事故で失った不動明(伊崎央登)は、クラスメイトの牧村美紀(酒井彩名)の家に引き取られ平穏に暮らしていた。 一方、同じ高校に通う無二の親友である飛鳥了(伊崎右典)は、勉強もスポーツも万能で、明にとってあこがれの存在だった。 ある日、研究者である了の父・飛鳥教授は、新エネルギーを求めた南極地底湖のボーリング中に、地中深くに眠っていた未知の存在に寄生されてしまう。 それは、かつて地球を支配していたデーモン族で、他の種族の体を乗っ取り、繰り返し進化し続ける知的生命体。 明は、飛鳥教授が残した記憶装置を通じてデーモン復活の一部始終を目撃する。 その時、デーモンが現れ明に襲い掛かった。 しかし、強靭な意志により精神をのっとられずに乗っ取られずにすんだ明は、逆にデーモンの超能力を獲得する。 人類を救う為、明はデビルマンとして戦う事を決意するのだが…。

レビュー

デーモンに体を侵食されるものの、人間の心を失わなかった高校生・不動明が“デビルマン”となり、人類を守るためにデーモン族に立ち向かう姿を描いたファンタジー・アドベンチャー。 永井豪原作によるコミック『デビルマン』の実写による映画化です。 実写のリアリティとアニメの誇張表現をCGを媒介にミックスした“T-VISUAL”という新機軸を開発し、アニメと実写を見事に融合した映像が特徴的です。 ですが、そのアクション・シーンはいまいち迫力に欠けてしまっていました。 また、主演の不動明演じる伊崎央登と飛鳥了演じる伊崎右典の演技力のなさが目立ち、苦悩しながらも人間を守ろうと戦うデビルマンの姿が表現出来ていないのが残念です。 ストーリーも無理矢理な展開や矛盾点が多く、原作の魅力や面白みがまったく生かされていません。 主演の二人のファンでない限りは、あまり楽しむことが出来ない作品だと思います。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『デビルマン』オフィシャル・サイト
http://www.devilmanthemovie.jp/
壁紙○ スクリーンセーバー○

『デビルマン』google画像検索 画像 | 壁紙

『デビルマン』Yahoo!画像検索 画像 | 壁紙

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『デビルマン』 DVD 『デビルマン』
特撮(映像)
東映

TVアニメDVD 『デビルマン BOX』 TVアニメDVD 『デビルマン BOX』
永井豪
東映

オリジナル・サウンドトラック 『デビルマン』 オリジナル・サウンドトラック 『デビルマン』
サントラ
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

アニメ デビルマン伝説+3 The Legends of DEVILMAN オリジナル・サウンドトラック
『アニメ デビルマン伝説+3 The Legends of DEVILMAN』

ドラマ、速水奨 他
ソニーミュージックエンタテインメント

漫画文庫 『デビルマン』 漫画文庫 『デビルマン』
永井 豪、ダイナミックプロ 他
コミックス

コミックス 『デビルマン』 コミックス 『デビルマン』
永井 豪、ダイナミックプロ 他
コミックス

ゲーム 『デビルマン』 ゲーム 『デビルマン』
PlayStation
バンダイ

フィギュア 『MOVIE REALIZATION デビルマン』 フィギュア 『MOVIE REALIZATION デビルマン』
バンダイ

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★☆☆☆☆
ぜひ、映画『デビルマン』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、よろしかったらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.02.04 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★☆☆☆
冨永愛に免じて+1
- 猫姫少佐現品限り -
2007.02.04 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★☆☆☆
アニメや原作のデビルマン好きだっただけに残念でした。あまりおもしろくなかったです。アニメのデビルマンの方が哀愁漂ってて好きでした。★1つにしようかと思ったのですが、永井豪先生に申し訳ないので★2つにします。
- snowwhite -
2007.02.04 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★☆☆☆☆
CGのデビルマンに、あの大根さんの声が入ると緊張感も世界観も何もかもくずれてしまう・・・すごいクラッシャーな役者さんですね。
見るんだったら、消音して字幕にした方がいいかもしれない
- イツキ -
2007.02.04 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★☆☆☆☆
原作は間違いなく日本が世界に誇る最高傑作、ですが。
映画は間違いなく最低です。
- たたみ -
2007.02.04 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆(2点/10点満点中)2004年日本映画 監督・那須博之ネタバレあり
2007.02.04 * プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] * PAGE TOP△
監督:那須博之 2004年公開(日本)原作を知らない方にとっては、”中の下”ぐらいの作品だと思うが、原作を知っている方には”下の下”の作品です。まず、デビルマン役の伊崎央登と、サタン役の伊崎右典の演技が軽すぎて見てられない。この二人の演技が軽い為、作品全体が
2007.02.05 * 放浪映画人 * PAGE TOP△
2004年 日本 116分監督 那須博之脚本 那須真知子撮影 佐野哲郎出演 不動明/デビルマン:伊崎央登   飛鳥了/サタン:伊崎右典   牧村美樹:酒井彩名   シレーヌ:冨永愛   ミーコ:渋谷飛鳥   牧村啓介:宇崎竜童   牧村恵美:阿木燿子   モ
2007.02.07 * 楽蜻庵別館 * PAGE TOP△
デビルマン特撮(映像) 70年代にTVアニメでも一世を風靡した永井豪原作の傑作マンガ『デビルマン』を完全実写映画化。デビルマンとなり悪魔と戦う主人公が、守るべき人間が抱える心の闇とも対峙し、苦悩を深めながら最終決戦へと向かう姿を壮大なスケールで描く。監督は「
2007.02.24 * HongKongCafe * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。