HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像 『エミリー・ローズ』

エミリー・ローズ
 The Exorcism of Emily Rose 

評価:

DVD 『エミリー・ローズ』 悪魔祓いの儀式後に、謎の死を遂げた少女の死の真相を巡る法廷サスペンス ホラー映画として観ると期待はずれになると思いますが、“悪魔の存在”を題材とした法廷劇としてとても興味を惹かれます

製作年 2005年
製作国 アメリカ
監督 スコット・デリクソン
出演 ローラ・リニートム・ウィルキンソンキャンベル・スコット
販売元 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スポンサーリンク

ストーリー

ある日、大学に進学したばかりの19歳のエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)が怪死する。 検死の結果、エミリーは自然死とは言えない状態で亡くなっていた。 警察は彼女に悪魔祓いの儀式を行っていたムーア神父(トム・ウィルキンソン)を、薬の服用をやめさせたことが死因として過失致死罪で起訴する。 ムーア神父の弁護には、有能な女性弁護士エリン・ブルナー(ローラ・リニー)が担当することになる。 だが、不可知論者のエリンは悪魔の存在などまったく信じていなかった。 だが、裁判が進むにつれ、エリン自身の身に起きた不思議な体験と、神父の真摯な想いによって、エリンは彼の無実を信じるようになっていく。 しかしそんな彼女らに、イーサン・トマス検事は、医師や精神医学の博士に、彼女が神経的・精神的な病気であったことと、薬の服用の重要性を証言させていくのだった…。

レビュー

悪魔祓いの儀式後に、謎の死を遂げた少女エミリー・ローズの死の真相を巡る法廷サスペンス。 実際に裁判が起こった事件を基にした作品です。 実話を基に作られているということもあって、一般的なホラー映画とは違うのが特徴です。 作品の半分以上が法廷と証人の証言を回想的に表現され、悪魔の存在を巡る法廷劇が中心となっています。 緊迫の“法廷劇”と“悪魔憑き”というオカルト・ホラーの要素が絶妙に融合され、今までにないユニークなジャンルとして見応えがあります。 また、CGや特撮は控えられ、演出や演技で見せる恐怖は見所です。 エミリーを演じるジェニファー・カーペンターの本物の悪魔に憑かれたようなリアリティのある演技が、観る者の恐怖心を煽ります。 ホラー映画として観ると期待はずれになると思いますが、“悪魔の存在”を題材とした法廷劇として興味を惹かれる作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『エミリー・ローズ』オフィシャル・サイト
http://www.sonypictures.jp/movies/theexorcismofemilyrose/
壁紙○ スクリーンセーバー×

『エミリー・ローズ』オフィシャル・ブログ
http://blog.excite.co.jp/emilyrose
壁紙× スクリーンセーバー×

『エミリー・ローズ』オフィシャル・サイト(英語)
http://www.sonypictures.com/movies/exorcismofemilyrose/site/
壁紙○ スクリーンセーバー○

『エミリー・ローズ』画像 IMDb

『エミリー・ローズ』google画像検索 画像 | 壁紙

『エミリー・ローズ』Yahoo!画像検索 画像 | 壁紙

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション』 DVD 『エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション』
ローラ・リニー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

文庫 『エミリー・ローズ』 文庫 『エミリー・ローズ』
ポール・ハリス ボードマン、スコット デリクソン 他
竹書房

途中集計報告(2007年02月10日)

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 19 (有効評価レビュー数 16)
合計評価… 56点 / 80点
平均点… 3.50点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 8  
★★★☆☆: 8  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

評価して下さった皆さん、ありがとうございました。
もちろん、評価付きレビューはずっと募集しています。
ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★☆☆
ぜひ、映画『エミリー・ローズ』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、よろしかったらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
輪廻の優香も迫真ある演技だったと評判ですが、エミリー役のジェニファー・カーペンターの演技はそれを越えるくらい迫真の演技でしたね。
- よしなしごと -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
すごく怖いシーンもあるし、
一方では裁判の行方も気になるし、
1本の映画で2本分楽しめる作品でした!
エミリー役のジェニファー・カーペンターの人間離れした動きにはたまげました。
- yumemomo -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
こんにちは。
ホラーでありながらそこまでの恐さがなく、ホラー系苦手な私でも最後まで楽しんで観ることができました。
そして最後あたりではホロっときちゃいましたです・・・。
- azamy -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
目に見えない存在を立証する裁判劇、日本人にはあまりピンとこないかもしれませんが、妙な説得力がありました。(これが‘宗教’なんでしょうねぇ)
ホラーの苦手な人でも楽しめると思います♪
- hama -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
最後の判決。あんなのもありなんですね。
日本でも裁判員制度がはじまろうというなか、参考になる判決でした。
まあ、日本でこんな裁判起こらないと思いますがw。
- BC -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
法廷劇と悪魔憑き、一度に二つ楽しめました。
エミリー、顔怖かったー!!
- satty -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
こんにちは
法廷劇とホラーの組み合わせは新鮮でしたね。最後はちょっと不思議な感じで判決にも救われます。アメリカの裁判を舞台にしたのが意味ありげですねー。
- yamao -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
映画館に着いて、さて何見ようか・・・と咄嗟に決めて見た作品でした。エミリーが登場してくるたびに、8割は指の隙間から見てました。(笑) 怖かったです~。悪魔の存在を信じるか、信じないかで見方が変わってきますよね。
- ありす -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
ホラーものにありがちな演出ではなく、法廷劇とした意外性に引き込まれました。
原作本も読んでみようと思います。
- 大宮リオン -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
ジェニファー・カーペンターの演技が凄く怖いです
本当に憑かれていると思っちゃいます
そして法廷のシーンも良かった
- 稚羽矢 -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
裁判後、弁護士に何か起こるのかと思ったら、あっさり終わってしまい、「え?これで本当におしまい??」といった感じでした。
- tokuhiro -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
久々に筋の通った映画を観たなぁという気がしました。
(近頃観た映画でヒットがなかったので)
真実はどこにあるのだろう?
そんなことは分からない。そう。分からないんです。
でも。揺るぎない一点があった。
それが判決に結びついているのだと思います。
キリスト教という自分にとって全くの未知の世界だからこそ。
逆にこの裁判劇がすんなり入ってきたのかもしれません。
仏教に置き換えての映画だったら。
きっと私の中での答えも変わってきてるのかも?
- くぅ。 -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
悪魔祓いに興味を持っていますので、この映画は大変興味深いものでした。宗教観の違いは大きいですね。
- 陽子 -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
観ながらLサイズのアイスコーヒーを無理して飲んでいたので内容の気持ち悪さとアイスコーヒーの気持ち悪さが合致して、その日は寝付けず次の日に病院に直行…。精神安定剤をもらって帰りました。それほど怖くないと言う人もいますが、精神的にひ弱な自分にとっては…。って感じでした。
- 貧弱 -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
悪魔は存在するのか、しないのか!?をめぐる法廷シーンは、手に汗握る迫力がありましたね。
ホラー映画と法廷劇の組み合わせが面白かった作品です。
- リリ -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
この判決はやっぱり大岡裁き、なんでしょうかね。
理性と感情の見事な妥協だなあと。
- 鯖夫 -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
おはようございます!
0.5が欲しいです。
80点まではいかないんだケド、
60点よりは上。
- 猫姫少佐現品限り -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
◆◇◆ 途中集計報告 ◆◇◆
これまで皆さんにレビューして頂いた映画『エミリー・ローズ』に対する評価の途中集計を致しました。
感想やレビューはずっと募集していますので、ご覧になった方はぜひコメントして下さい。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
すいません、コメントを書いてる途中で送信してしまいましたv-12
管理人さん、削除していただけると助かります。

ジェニファー・カーペンターの迫真の演技は怖かった・・・。本当に悪魔がそこに存在するかのようで、現実味がありました。
裁判とホラーのバランスが良くて、どちらも楽しめました。
- ぴぃち -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
Re:ぴぃち さんへ
コメントありがとうございます。
ジェニファー・カーペンターの演技はすごすぎですよね。
演技と演出で十分怖さが伝わってきました。
ただもっとホラーものなのかと思ってたので、ちょっと期待はずれでしたが(^^;
- かんすけ☆管理人 -
2007.02.10 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
TB有り難うございます。私もTB貼らせて頂きました。この作品て、ある意味、斬新で面白いですよね。また遊びに来て下さい。
- シュレック千葉 -
2007.02.11 * URLURL * PAGE TOP△
Re:シュレック千葉さんへ
コメントありがとうございます。
ホラーと法廷ものが絶妙に融合されててホント斬新ですよね。
また映画関係にTBさせて頂きますので、ヨロシクです(^^
- かんすけ☆管理人 -
2007.02.11 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
ホラーの要素よりも法廷ものと考えると面白い作品だと思います。
またこの作品が事実に沿って作られているところが凄味を感じるところです。
- bobbyt -
2007.04.07 * URLURL * PAGE TOP△
Re:bobbyt さんへ
コメントありがとうございました。
事実に基づいているところが本当に興味深いですよね。
ホラー映画としてはあまりでしたが、法廷ものとしてはなかなか楽しめました。
- かんすけ☆管理人 -
2007.04.09 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
見よう見ようと思いながらなかなか手がでず。今頃です。潔癖症の人間が増えましたが、それも度を越すとさすがにこの人危ないよと思うものですが。人が触ったものは触りたくないとか、他人が触れたドアノブに触るのもいやとか、電車の座席に座るのもいやとか。でも、そうい..
2007.02.10 * ふつうの生活 ふつうのパラダイス * PAGE TOP△
これは実話を元にした映画で、「ホラー映画ではなく実話だ」とホームページにも載っています。エミリーの死体が発見され、警察が呼ばれるところから映画はスタートします。検死官は「これは自然死とは言えない」と判定し
2007.02.10 * David the smart ass * PAGE TOP△
2005 / アメリカ監督:スコット・デリクソンCAST:ローラ・リニー / トム・ウィルキンソン / ジェニファー・カーペンター / キャンベル・スコット / コルム・フィオール / メアリー・ベス・ハート19歳の女子大生エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)が...
2007.02.10 * Sapphire * PAGE TOP△
これはある意味非常に面白い映画でしたね。挑戦状を叩きつけられたという感もあり。 問題なのはこの映画が「実話」だという触れ込みであること。そして観客はこの映画を観る事のみで判断をせねばならないこと。それこそ観客が裁判員そのものになることなのかもしれないが
2007.02.10 * 藍空放浪記 * PAGE TOP△
エミリー・ローズ 製作年: 2005年 製作国: アメリカ 時間: 120分 監督: スコット・デリクソン CAST: ローラ・リニー トム・ウィルキンソン キャンベル・スコット ジェニファー・カーペンター コルム・フィオー
2007.02.11 * ブログ版「AV機器マメ知識」 * PAGE TOP△
DVD鑑賞です。50点。ホラーであってホラーでないです。法廷ドラマ?実際にあった話のようです。悪魔つきの事実を争います。奇怪な出来事をこじつけただけのようにも。
2007.02.11 * 一藤二貴三MotoGP * PAGE TOP△
普通の女子大生だったエミリーに悪魔が取り憑きます。徐々に悪化していくエミリーを見かねた親が神父にお祓いを頼む。投薬をやめさせお祓いするも結局死に至ったエミリー。検察は病気のエミリーへの投薬をやめさせたのが死因だと神父を告訴。はたしてエミリーは病...
2007.02.11 * こまぷっしゅ * PAGE TOP△
原題:The Exorcism of Emily Rose 19歳の少女、エミリー・ローズが死んだ。その死因が“悪魔祓い”によるものであるとして、その場に立ち会ったムーア神父が、過失致死の罪で起訴された。常識では考えられないような裁判の行方に世間が注目する中、弁護士のエリン
2007.02.11 * コンセント。 * PAGE TOP△
 こけおどしではない、恐怖映画を久しぶりに見た気がする。2時間飽きさせることなく、押し包むような緊張感と不安、恐怖で見せてしまう。エミリーの芝居もすごいが、そのすごさをこれ見よがしに演出していないところがよかった。裁判で語られているというフィルターがある
2007.02.12 * 酔いどれ映画雑記 * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。