HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像 『らせん』

らせん
 The Spiral 

評価:

DVD 『らせん』 ビデオテープによって謎の死を遂げた友人の死体に残された暗号を元に、ビデオテープの真相を追うミステリー・ホラー 呪いを科学的な面から解明していくという『リング』とは一風変わった物語が楽しめます

製作年 1998年
製作国 日本
監督 飯田譲治
出演 中谷美紀佐藤浩市佐伯日菜子
販売元 ポニーキャニオン
スポンサーリンク

ストーリー

最愛の息子を事故で亡くして以来、自暴自棄になっていた解剖医の安藤(佐藤浩市)。 ある日、彼は謎の死を遂げた大学講師の高山竜司の解剖を担当することになる。 安藤と高山は学生時代の同級生だった。 高山の遺体を解剖した安藤は、その胃の中から謎の数字が書かれた紙片を発見する。 高山の助手だった女子学生(中谷美紀)は呪いのビデオの存在を安藤に訴えるが、安藤は聞く耳を持たなかった。 同じ頃、高山の別れた妻、浅川玲子が交通事故死を遂げる。 玲子の死に不審を抱いたテレビ局の上司・吉野から、安藤にコンタクトが取られた。 吉野は、玲子が取材していた「観ると7日後に死ぬ」という呪いのビデオについて科学的な見地から意見が聞きたいと、安藤にビデオと玲子の取材手帳を渡す。 半信半疑の安藤だったが、ビデオを観ているうちに言いしれぬ恐怖と呪いの存在を実感する…。

レビュー

一本のビデオテープによって謎の死を遂げた友人の死体に残された暗号を元に、ビデオテープの真相を追うミステリー・ホラー。 鈴木光司原作によるホラー小説『らせん』の映画化で、同時公開された『リング』の続編になります。 本作ではビデオテープの呪いを科学的な面から解明していくというミステリーで、『リング』とは一風変わった物語が楽しめます。 貞子の事を記した玲子の手帳からも呪いが連鎖するという新たな展開も見所です。 ですが、少々説明不足気味なところと、後半からラストにかけて突飛な展開になってしまい、多少興ざめしてしまうのが残念です。 また、本作では家族をテーマにしていることもありホラーの要素が少ないので、『リング』のようなホラー映画を期待すると期待はずれになると思います。 もう一つの続編『リング2』とはまた違った結末を楽しむことが出来る作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『らせん』google画像検索 画像

『らせん』Yahoo!画像検索 画像

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『リング コンプリートBOX』 DVD 『リング コンプリートBOX』
松嶋菜々子
ポニーキャニオン

DVD 『らせん』 DVD 『らせん』
佐藤浩市
ポニーキャニオン

オリジナル・サウンドトラック 『リング、らせん』 オリジナル・サウンドトラック 『リング、らせん』
H2H
ポニーキャニオン

文庫『らせん』
鈴木 光司(原著)
出版社:角川書店

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★☆☆
ぜひ、映画『らせん』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、よろしかったらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.02.28 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
初めまして。TB有り難うございます。コチラからもさせて頂きました。
ホラーは詳しくないのですが、気味の悪さでは「リング」を上回っていると思います。
呪いを科学的に描いているので、妙に納得させられてしまいました。
そして何より、佐藤浩市がステキです☆
- 池ちん -
2007.03.01 * URLURL * PAGE TOP△
Re:池ちん さんへ
コメントありがとうございました。
科学的な説明が無理やりすぎる感じがして、あまり怖さは感じませんでしたが、気味の悪さは「リング」以上でしたね。
- かんすけ☆管理人 -
2007.03.03 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
かんすけさま♪この度は、『らせん』『リング2』『リング0~バースディー』に
TRBありがとうございます(^-^)/
実は『らせん』、私はこのシリーズ中で一番お気に入りだったりします。
『リング』とその後に続く『リング2』『リング0』とは違ったポイントで
人類の危機を描いていて、ちょっとSFちっくなのが私の触手を動かしたようです。^^;
また、シリーズの他の作品でもテーマとして扱っている”復讐”とか
“肉親への愛”とかも、違う方向から描いていることや、最後の結末の
後味の悪さ+せつなさ は、他の作品と異なる面白さを与えてくれました。
長々とコメント失礼しました。こちらからもTRBさせていただきました♪
- soratuki -
2007.03.03 * URLURL * PAGE TOP△
Re:soratuki さんへ
こちらこそ、コメントありがとうございました。
『リング』の現象をまったく違った視点で描いている点はとても興味深かったですね。
SFちっくだったのが期待していたのと違いましたが、なかなか楽しめました。
ラストも深くて考えさせられますね。
- かんすけ☆管理人 -
2007.03.04 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「リング」と同時公開の続編、になるのかな?貞子の呪いが強力と言うより強引になっていたり、呪いを解こうとしていた高山(真田広之)が貞子側にいたりと、必ずしも正当な続編とは言い切れないような部分もあるけど。
2007.03.01 * Freeway Walker * PAGE TOP△
{/kaeru_fine/}今夜は昨晩の『リング』の続編。公開当時は『リング』との合わせ技でロードショーとなってました『らせん』です。実は、私 このシリーズの中で作品的にはこの『らせん』が一番お気に入りだったり致します。1998年 日本 本編97分監督・脚本:飯田 譲治原作
2007.03.03 * 徒然なるままに・・・? * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。