HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像 『リング2』

リング2
 The Ring 2 

評価:

DVD 『リング2』 観た者が次々と謎の死を遂げていくという呪いのビデオの真相を追うミステリー・ホラー オリジナル・ストーリーによる『リング』の続編ですが、異質な続編だった『らせん』よりは楽しめると思います

製作年 1999年
製作国 日本
監督 中田秀夫
出演 中谷美紀大高力也小日向文世
販売元 角川エンタテインメント
スポンサーリンク

ストーリー

観たものは1週間後に死ぬという“呪いのビデオ”。 そのビデオを生んだ貞子の死体が古井戸から発見された。 検死解剖の結果、30年前に殺されたはずの彼女の死亡時期が、1~2年前という驚愕の事実が判明する。 一方、その貞子の死体の発見と共に謎の死を遂げた大学講師の高山竜司の恋人であり助手であった高野舞(中谷美紀)は、その死に疑問を抱いていた。 舞は高山が死ぬ直前まで別れた妻である浅川玲子と何かを調べていたことを思い出し、浅川が勤めていたテレビ局を訪れるのだが母子とも行方不明になっていた。 その玲子と同じ編集部にいた岡崎は、玲子が失踪前に調べていた一件に興味を抱く。 調べていくうちにその“呪いのビデオ”の存在に辿り着いた。 舞と岡崎は事件の真相を探るため、玲子の姪であり同じく謎の死を遂げている智子と一緒にいたという倉橋雅美という女子高生を訪ねるのだが…。

レビュー

観た者が次々と謎の死を遂げていくという呪いのビデオテープの真相を追うミステリー・ホラー。 鈴木光司原作によるホラー小説を映画化した『リング』の続編ですが、原作にはない完全なオリジナル・ストーリーです。 同一の現象を別の角度から捉えたもう一つの続編『らせん』とは異なり、ホラー色を前面に押し出しています。 前作のラストで呪いによって殺された高山竜司の助手、高野舞が主役となり、前作で投げかけられた貞子の謎が徐々に明らかになっていきます。 今作では『らせん』と同様にビデオテープの呪いを科学的な面から解明していき、『リング』とは一風変わった物語が楽しめます。 ですが、前作のように緊迫したサスペンスが少ないのが残念です。 また、前作のような心理的な恐怖もあまりありません。 異質な続編だった『らせん』とはまた違った結末を楽しむことが出来る作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『リング2』google画像検索 画像

『リング2』Yahoo!画像検索 画像

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『リング コンプリートBOX』 DVD 『リング コンプリートBOX』
松嶋菜々子
ポニーキャニオン

DVD 『リング2』 DVD 『リング2』
中谷美紀
角川エンタテインメント

オリジナル・サウンドトラック 『リング2』 オリジナル・サウンドトラック 『リング2』
サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン

文庫 『映画版脚本集 リング・リング2』
鈴木 光司(著)
出版社:角川書店

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★☆☆
ぜひ、映画『リング2』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、よろしかったらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.03.03 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★☆☆☆
かんすけさま♪こちらにもおじゃまします(^-^)/
この作品、時系列では『らせん』と同じタイミングという続編なんですよね~
でも、『らせん』と全くちがう作品(別のシリーズ)を見ている感覚でした。
『リング』シリーズは、原作もしっかりと読み漁った私でしたが・・・
原作でも『リング2』<『らせん』という手応えだった私です。^^;
やっぱり、オカルトオンリーというよりSFちっくな「らせん」のほうが
興味深かったらしいです。
こちらにもTRBさせていただきます♪
- soratuki -
2007.03.04 * URLURL * PAGE TOP△
Re:soratuki さんへ
こんにちは。こちらにもコメントして下さりありがとうございました。
同じ『リング』の続編でも『らせん』とはまったく違うシリーズという感じですよね。
ボクは逆にSFチックだった『らせん』の方があまり好きではなかったですが、最後まで見てしまうシリーズですね(^^
- かんすけ☆管理人 -
2007.03.04 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
{/kaeru_fine/}のち時々{/hiyoko_thunder/}今夜も『リング』シリーズです^^;もうひとつの『らせん』??~違う角度からみた『リング』の続編~ということです。(某サイト様解説にて)1999年 日本 本編95分監督:中田 秀夫脚本:高橋 洋原作:鈴木 光司音楽:川井 憲次 
2007.03.03 * 徒然なるままに・・・? * PAGE TOP△
評価 ★★★☆☆観る者に単なる恐怖映画以上の衝撃を与えた『女優霊』以来、得体の知れぬ怪奇を描かせたら天下無敵の、中田秀夫監督と高橋洋の脚本。このコンビによる大ヒットホラーの続編である。 今回は、前作の
2007.03.07 * 羅夢の映画放浪記 * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。