HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像 『世界の中心で、愛をさけぶ』

世界の中心で、愛をさけぶ
 Crying out Love, in the center of the World 

評価:

DVD 『世界の中心で、愛をさけぶ』 最愛の人の死を胸の奥に抱えたまま、現在の愛に葛藤する一人の男の姿を描いた恋愛ドラマ 悲しい結末ですが、切なくもストレートな純愛で心が洗われるような作品です

製作年 2004年
製作国 日本
監督 行定勲
出演 大沢たかお柴咲コウ長澤まさみ
販売元 東宝
スポンサーリンク

ストーリー

職場で一夜を明かした朔太郎(大沢たかお)。 テレビでは台風29号の四国上陸が報道されていた。 結婚を控えていた朔太郎はふと、引っ越しをする予定だったことを思い出し帰宅する。 しかし、婚約者の律子(柴咲コウ)は置き手紙を残し失踪していた。 律子の行き先が四国である事を知った朔太郎は、後を追いかける。 四国は朔太郎の故郷でもあり、高校時代の初恋の思い出が眠る場所でもあった。 朔太郎は自然とその高校時代の記憶を辿り始める。 朔太郎(サク:森山未來)とアキ(長澤まさみ)は高校2年生の夏、もどかしくも淡い恋を育んでいた。 二人は一緒にラジオ番組に投稿したり、ウォークマンで声の交換日記のやりとりをしたりと、二人の初恋は純粋な瞬間の連続だった。 ところが無人島へ二人で初の1泊旅行をした帰り、アキが突然倒れ意識を失ってしまう。 アキは白血病に侵されていたのだった…。

レビュー

高校時代に死別した恋人との想い出を引きずり続ける青年が、過去を辿る旅を経て、やがて現在の恋人と共に生きていこうとする姿を描いた恋愛ドラマ。 片山恭一原作による小説『世界の中心で、愛をさけぶ』の映画化です。 本作では、成長し大人になった主人公・朔太郎のストーリーが大幅に追加され、映画のオリジナル部分である「現在の愛との対峙」と原作小説にある「過去の甘くせつない純愛」が織り成すアンサンブル・ストーリーとして再構築されています。 映画として新たに刻まれたオリジナル・ストーリーは、原作ファンの方でも原作とは違った新たな魅力が楽しめると思います。 不治の病に瀕しながらも懸命に生きようとする少女・アキと、アキをストレートに思い続ける朔太郎の純粋な想いに胸を打たれました。 愛と死という深遠なテーマを真摯に取り扱い、「生きる」ことを見つめ直すことのできる作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『世界の中心で、愛をさけぶ』オフィシャル・サイト
http://aiosakebu.yahoo.co.jp/
壁紙○ スクリーンセーバー×

『世界の中心で、愛をさけぶ』オフィシャル・サイト(東宝)
http://aiosakebu-dvd.jp/
壁紙× スクリーンセーバー×

『世界の中心で、愛をさけぶ』オフィシャル・サイト(ドラマ)
http://www.tbs.co.jp/sekai-ai/
壁紙○ スクリーンセーバー×

『世界の中心で、愛をさけぶ』google画像検索 画像 | 壁紙

『世界の中心で、愛をさけぶ』Yahoo!画像検索 画像 | 壁紙

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD-BOX 『世界の中心で、愛をさけぶ』 DVD-BOX 『世界の中心で、愛をさけぶ』
大沢たかお
東宝

DVD 『世界の中心で、愛をさけぶ』 DVD 『世界の中心で、愛をさけぶ』
大沢たかお
東宝

DVD 『世界の中心で、愛をさけぶ - 朔太郎とアキの記憶の扉』 DVD 『世界の中心で、愛をさけぶ - 朔太郎とアキの記憶の扉』
長澤まさみ、 他
レントラックジャパン

DVD-BOX 『ドラマ 世界の中心で、愛をさけぶ』 DVD-BOX 『ドラマ 世界の中心で、愛をさけぶ』
山田孝之、 他
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

DVD 『ドラマ 世界の中心で、愛をさけぶ』 DVD 『ドラマ 世界の中心で、愛をさけぶ』
山田孝之
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

オリジナル・サウンドトラック 『世界の中心で、愛をさけぶ』 オリジナル・サウンドトラック 『世界の中心で、愛をさけぶ』
めいなCo.
ERJ

文庫 『世界の中心で、愛をさけぶ』 文庫 『世界の中心で、愛をさけぶ』
片山 恭一
小学館

フラワーコミックス 『世界の中心で、愛をさけぶ』 フラワーコミックス 『世界の中心で、愛をさけぶ』
片山 恭一、一井 かずみ 他
小学館

楽譜 『ピアノソロ 世界の中心で愛をさけぶ』 楽譜 『ピアノソロ 世界の中心で愛をさけぶ』
ヤマハミュージックメディア

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★☆☆
ぜひ、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』に対する感想やレビューをコメントして下さい。 その際、よろしかったらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.03.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
世界の中心・・・、映画・テレビ両方観ましたよ!
他、電車男・ウォーターボーイズ・・・もです。
結構、はまっちゃうタイプなんですよね。。。
- ネバーランド -
2007.03.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
最近映画館で、「せかちゅう」の韓国リメイク版の予告編を見かけます。
主題歌の「瞳をとじて」まで韓国語バージョンでした。
- ひらりん -
2007.03.12 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
こんばんは、Kaichangです♪セカチュウですか!セカチュウは映画館で観ましたよ。号泣しました。序盤の方で佐野元春の「SOMEDAY」が流れたシーンからもう涙でした。そのシーンはまだ悲しいシーンでなくて幸せ絶頂期な二人の姿がとてもみずみずしくて感動しました。で、「SOMEDAY」が流れた瞬間に撃沈されたわけです。
- Kaichang -
2007.03.12 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
再鑑賞日:2006/9/15このブログは、今年の2月からの書き始めなので、それ以前の作品は、まだまだいっぱい書いてないのがある。これもそんな中の作品。超有名で、どうしようかと思ったけど、昨日(今日)、急に見たくなった。確か、「柴咲コウ」出演作は、これが初めてで、目
2007.03.13 * 福の神 映画のすすめ * PAGE TOP△
ドラマや映画にもなりましたが、小説として記したいと思います。酷評も多いようですが、あれだけ売れたのですから批判などできません。今後もセールスで追い越すことは不可能ではないでしょうか。
2007.03.13 * 小説・ドラマ紀行~巡り会うものの行く末~ * PAGE TOP△
今日は暇過ぎて、「ALWAYS 三丁目の夕日」や「ハイスクールミュージカル」を見直したり、他にも映画を3本見ました{/kirakira/}今回は、もう有名過ぎる「世界の中心で~」を紹介します{/onpu/}1年も前に放送されたと思われる(笑)、地上波放送の録画を鑑賞。原作は読みまし
2007.03.13 * Antique * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。