HOME | 映画レビュー | ショッピング | データベース | About
シアフレ.blog
ようこそ 『 Theater Friends - シアターフレンズ - 』 へ。シアフレ.blogはユーザー参加型の映画レビューブログです。
皆さんの評価&レビューのコメントをお待ちしております。
画像 『ゲド戦記』

ゲド戦記
 TALES from EARTHSEA 

評価:

DVD 『ゲド戦記』 世界の均衡が崩れつつある世界を舞台に、災いをもたらす原因を探る大賢人と王子の旅路を描いたファンタジー・アドベンチャー 生きる意味を強く投げかけた作品です

製作年 2006年
製作国 日本
監督 宮崎吾朗
出演 岡田准一手嶌葵田中裕子
販売元 (未発売)
スポンサーリンク

ストーリー

無数の島々と海からなる“アースシー”。 荒れる海の中を航海する一隻の帆船は、暗雲の中に共食いをしている二匹の竜を目撃する。 西の果てに棲む竜が、人間の住む世界である東海域に現れ、さらに食い合うなどあってはならぬことだった。 そして、それに呼応するかのように、各地で作物が枯れ、家畜が倒れていく。 世界の均衡が崩れつつあった。 災いの源を探る大賢人ハイタカは、旅の途中、父を刺し国を捨てた王子アレンに出会う。 心に闇を持つ少年は、得体の知れない“影”に追われていた。 二人はともに旅を続け、ハイタカの昔馴染みであるテナーの家へ身を寄せる。 やがてハイタカは、クモという魔法使いが生死両界の扉を開け、それによって世界の均衡が崩れつつあることを探り出す。 “死ぬこと”を誰よりも怖れるその男は、かつてハイタカと戦い、そして敗れた大魔法使いだった…。

レビュー

世界の均衡が崩れつつある世界を舞台に、災いをもたらす原因を探る大賢人と心の闇に追われている王子の旅路を描いたファンタジー・アドベンチャー。 アーシュラ・K・ル=グウィン原作による小説『ゲド戦記』シリーズの映画化です。 第三巻『さいはての島へ』以降をメインにした独自の脚本で、心の闇を怖れているアレンの心の成長が描かれています。 昔のスタジオジブリのような中世西欧絵画風に描かれた映像が印象的です。 また、テルー役を演じる手嶌葵が歌う、主題歌、挿入歌は素晴らしく、心に深く沁みいるその圧倒的な美声と見事に融合した映像に心奪われます。 ですが、原作とは違いスケールの壮大さがなく全体的にテンポも悪い為、盛り上がりに欠けてしまっているのが残念です。 説明不足な感があり分かりづらいところもありますが、混迷する時代を生き抜くためのメッセージが込められ、生きる意味を考えさせられるような作品です。

リンク

壁紙やスクリーンセーバーがある公式サイトなどへのリンクです。
公式サイトは予告なしに閉鎖する場合がありますので、ご注意下さい。

『ゲド戦記』オフィシャル・サイト
http://www.ghibli.jp/ged/
壁紙X スクリーンセーバーX

『ゲド戦記』制作日誌(ブログ)
http://www.ghibli.jp/ged_01/
壁紙X スクリーンセーバーX

『ゲド戦記』監督日誌(ブログ)
http://www.ghibli.jp/ged_02/
壁紙X スクリーンセーバーX

『ゲド戦記』google画像検索 画像

『ゲド戦記』Yahoo!画像検索 画像

ショッピング

DVDやビデオ、原作の小説、サントラ(オリジナル・サウンドトラック)、
ポスター、公式ガイドブックなどの映画関連グッズの紹介。


DVD 『ゲド戦記』

オリジナルサウンドトラック 『ゲド戦記』 オリジナルサウンドトラック 『ゲド戦記』
寺嶋民哉
徳間ジャパンコミュニケーションズ

CD 『テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)』 CD 『テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌)』
手嶌葵
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

小説 『ゲド戦記 全6冊セット』 小説 『ゲド戦記 全6冊セット』
アーシュラ・K・ル=グウィン
岩波書店

コミックス 『ゲド戦記―TALES from EARTHSEA』 コミックス 『ゲド戦記―TALES from EARTHSEA』
宮崎 吾朗、アーシュラ・K.ル=グウィン 他
徳間書店

音楽書 『ピアノソロ 初級 スーパーやさしい スタジオジブリ』 音楽書 『ピアノソロ 初級 スーパーやさしい スタジオジブリ』
「風の谷のナウシカ」から「ゲド戦記」まで全46曲

板垣 敬子、 他
ヤマハミュージックメディア

パズル 『300ピース ゲド戦記 テルーとアレン』 パズル 『300ピース ゲド戦記 テルーとアレン』
各パズル一覧
エンスカイ

途中集計報告

皆さんにレビューして頂いた評価の集計報告です。

コメント数… 0 (有効評価レビュー数 0)
合計評価… 0点 / 0点
平均点… 0点 / 5点

★★★★★: 0  
★★★★☆: 0  
★★★☆☆: 0  
★★☆☆☆: 0  
★☆☆☆☆: 0  

ぜひ、この映画に対するあなたの評価と感想・レビューをコメントして下さい
皆さんからコメントして頂いた評価がある程度たまりましたら、こちらで集計報告を
させて頂きます
スポンサーサイト


スポンサーリンク
いつもありがとうございます。
気に入って頂けたら、クリックお願いします。
映画(全般)ランキング

コメント
この記事へのコメント
評価:★★★☆☆
ぜひ、映画『ゲド戦記』に対する感想やレビューをコメントして下さい。
その際、よろしかったらプルダウンより5つ★評価の選択をお願いします。

v-21 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* v-21
- かんすけ☆管理人 -
2007.03.18 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★☆☆☆☆
そうですね・・・テルーの歌は好きです
草原で歌っているシーンは良かったんですが・・・
確かに命の尊さを訴えてはいるんですが
キャラクターのセリフになっている程度で・・・
いつものジブリなら語らなくともガツンと来るんですがね
ってことで酷評かもしれませんが
- 田舎者 -
2007.03.18 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★★☆
確かにあなた様の言われるようにスケールの壮大さはない、楽しいキャラはないですが、「ココロ」のテーマをよく表現できてると思いました。
- 隻手の声(佐藤節夫) -
2007.03.18 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★★☆☆
私の個人的評価は★3つです。私は原作は読んでいませんが、ストーリーにもっと広がりがあればと思いました。
- hane -
2007.03.18 * URLURL * PAGE TOP△
評価:★★☆☆☆
こんばんは!
テルーの唄に免じて、2つ、、、
- 猫姫少佐現品限り -
2007.03.18 * URLURL * PAGE TOP△
実はまだ見ていない。というよりこれから先も見るつもりはない。なんとなくジブリらしくない気がする。周りでも話題にならない。
- レモン -
2008.02.18 * URLURL * PAGE TOP△
コメントを投稿する
URL :
コメント :
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
世界に発信する日本の代表的なアニメと言えば「ジブリ」私はそう思います。ジブリのキャラクター紹介サイト
2007.11.06 * ミッフィー * PAGE TOP△
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。